天使と悪魔の聖書漫談

1.第二神殿

エピソードの総文字数=1,448文字

バビロン捕囚が始まったのは紀元前597年から。

そしてペルシア王キュロス2世の解放宣言は紀元前537年。

ざっと60年ほどの捕囚時代があったことになるね。

その程度であれば、幼い頃に捕囚となり、年老いてから解放された……

というケースもそれなりにあったのかしらね。

絶妙なタイミングやな。

これ以上時間が経っとったら、故郷への思いも薄れてしもたかもしれん。

感極まるものがあったろうね。

戻った彼らは失われたエルサレム神殿の建築に着手した。

いわゆる第二神殿と呼ばれるものだ。

神殿の基礎が据えられた後のセレモニーの様子は、なかなか胸にくるものがある。

ソロモン時代の壮麗な神殿を知っている祭司、レビ人、

指導者など多くの年長者は、声を上げて泣きました。

歓喜とも悲嘆ともつかない叫び声が遠くまでとどろき渡りました。

(Japanese Living Bible)

うっ……。

おじいちゃん、おばあちゃん。

数十年ごしの夢や。

ここで泣かんかったら、いつ泣けばええ。

そんくらいのことやでなあ。

この時、ユダヤ人の指導者はゼルバベル。

ユダ王ヨヤキンの孫にあたる人物だ。

オランダ黄金時代の画家ヤコブ・ヴァン・ローの作品だ。

ゼルバベルがペルシア王キュロスに「エルサレムの計画」を見せている場面らしい。

おそらく神殿建設に関することだろうね。

ペルシア王のお墨付きも得た神殿建設だ。

けれど、神殿建設を快く思わない人たちもいた。

神殿再建事業についてペルシア王に告訴状が出された。

バビロン捕囚の頃、エルサレムの地に暮らしていた人々のものである。

彼らは捕囚を免れたユダヤ人、およびその他の民族であった。

その他の民族とは即ち、ディン人、アファルサタカ人、タルペル人、アファルス人、ウルク人、バビロニア人、スサ人、デハ人、エラム人、等々である。
60年ですもの。

当然、そこには新しい生活、新しい習慣がありましてよ。

バビロニアから帰ってきたユダヤ人など、

彼らにしてみれば異邦人も同然ですわ。

それは分からんでもないなあ。

自分が何十年も住んでるところに現れて、なんかでかい神殿造り始めるんやろ?

今の時代なら間違いなく反対デモ起こされる案件やで。

告訴状の中で彼らは、ユダヤ人は危険な反逆者だと言う。

ユダ王国の時代に何度も戦っているんだから、その言葉には説得力があった。

ちなみに当時のペルシア王はすでにキュロス2世ではなかった。

その名は聖書に記されているけれど、実際にはよく分からない。

ん?

なんでや?

聖書にはクセルクセス王、アルタクセルクセス王の名が書かれている。

けれど彼らは神殿再建の時代の王ではないんだ。

フランシスコ会聖書研究所によれば、著者が城壁修復と混同したと思われる。

ともあれ、ペルシア側は告訴を受け取り、神殿建設を中断させた。
なかなかすんなり進まんもんやなあ。
事が容易に運ぶのもつまらないものですわ。

焦らしてさしあげるのも乙女の嗜みでしてよ。

ユダヤ人たちも当然黙って引き下がらない。

しばらくしたら、勝手に工事を再開したんだ。

総督のタテナイはそのことをペルシア王ダレイオス1世に報告した。

報告を受けたダレイオス1世は神殿建設について調査させた。

そしたらキュロス2世が神殿建設を認める勅令が宝物殿から出てきたんだ。

ユダヤ人にとって宝物なんは分かるけどな。

大事にし過ぎて忘れ去られとったんか。

紆余曲折あったけれど、最終的にはダレイオス1世の命令で神殿建設が認められた。

神殿奉献の祝いを行い、めでたしめでたし、というわけさ。

今度は壊されないように大事にすることね。

TOP