天使と悪魔の聖書漫談

12.虫のうんこを食べる

エピソードの総文字数=943文字

イスラエルの子らはモーセとアロンに不平を言った。

「荒れ野につれてきて、飢え死にさせようとしているのか」

「エジプトの地で飽きるほどパンを食べている時に死ねば良かった」

モーセは言った。

「神様が朝にはパンを飽きるほど与えてくださる」

なんちゅうか、こいつら文句ばっか言うとるな。

たまにはモーセのために働こうとか思わんのか。

ずっと強制労働で奴隷のような生活だったからね。

いわゆる奴隷根性ってやつさ。

「強者に対する盲目の絶対の服従、これが奴隷制度の生んだ一大道徳律である」

大杉栄か。渋いとこつくなあ。
しかしまあ、空腹時のイライラは半端無いからな。

文句言いたなるんも分かるわ。

夕方になると鶉(うずら)が飛んできて宿営地を覆った。

朝には宿営地の周りに露が降りていた。

その露が上がった後、荒れ野の面に霜のような細かく薄いものが残っていた。

モーセは「これは神様が与えてくれたパンである」と告げた。

「霜のような細かく薄いもの」?

なんやそれ。

そんなんパンとちゃうやろ。

確かに、パンらしからぬ表現だね。

でも彼らはそれを食べることで飢えを凌いだんだ。

イスラエルの家はそのものの名を“マナ”と呼んだ。

コエンドロの種に似て白く、密を入れた煎餅のようであった。

コエンドロはコリアンダーのこと。

種は真っ白ではなく、茶色がかった白だね。

密を入れた煎餅のよう……。
ぽたぽ……。
違う。
……。
ほなら何やねん、マナって!
マナが実際に何だったのかは分からない。

ただ有力な説として、虫のうんこだったんじゃないかって言われている。

うん……。
こ♪
んな、アホな!
それがそうでもない。

その虫というのは、コナカイガラムシのことなんだけどね。

英語でmealybugって言うんだ。

mealyは「粉状の」って意味だけど、パンで粉と言えば?

こ、小麦粉のことか。

そして名前の通り食べ物(meal)に関連するものでもある。

コナカイガラムシはアブラムシみたいなもので、排泄物が甘いんだ。

その甘露を集めて乾燥させて、お菓子だって作れる。

他にも果物とかキノコとか説はあるみたいだけど。

モーセが「パン」だと言い張るところを見ると……。

やっぱりコナカイガラムシのことなんじゃないかって思うね。

それにしてもそこまで大量には取られへんやろ。

かなりひもじい思いしたやろなあ。

TOP