天使と悪魔の聖書漫談

10.アラム王ベン・ハダド

エピソードの総文字数=975文字

旱魃が終わって、バアルの預言者を皆殺しにしたエリヤ。

彼はアハブの妻イゼベルの恨みを買って命を狙われる。

そらそうや。
エリヤは神の指示に従い、エリシャという新たな預言者を見つけた。

エリシャはエリヤの弟子となり、数々の奇跡を起こすのさ。

ハゲの話はさて置き、ベン・ハダドというのは何者ですの?
ハゲ?
ベン・ハダドはアラム・ダマスカス王国の王だよ。

地図の右上、緑色の地域だね。

イスラエル王国のすぐ隣に位置している。

ちなみに北に小さくティルス(Tyre)とあるけれど、そこの王がエトバアル。

つまり、アハブの姑(しゅうと)だね。

イスラエルは周囲を色んな国に囲まれとる。

少しでも味方を増やしたかったんやな。

そのためには、嫁さんもろて、宗教変えるんもしゃあなしか。
仮にエトバアルを敵に回せば、ベン・ハダドとの挟み撃ちになったかもしれない。

そのベン・ハダドは全軍を率いてイスラエルの都市サマリアを攻撃した。

預言者ミカヤがイスラエルの王アハブに近づき、勝利の預言を与えた。

アハブは彼の言葉に従い、ベン・ハダドに勝利した。

その預言者が言うには、ベン・ハダドはまた攻めてくる。

預言者の助言を聞き入れ、アハブは勝利した。

あらあら。

勝算も無く攻めてきたのかしら。

あっけなく打ち払われてしまって。

ベン・ハダドは命乞いをし、いくつかの町を手放すことで釈放された。
しかしそれが神の気に入らなかったらしい。
預言者ミカヤは王に言った。

主が滅ぼし尽くすと決めた者を逃したゆえ、代わりにアハブが死ぬ、と。

アハブは不機嫌になり、怒りながらサマリアに帰った。

怒るだけで済ますんやから、優しいもんやで。
そもそも隣国の王を殺したところで危機は去らない。

むしろアラム・ダマスカス王国の怒りを燃え上がらせるだけだろう。

それよりはいくらかの見返りを得て、協定を結ぶ方が効果的だ。

複雑に絡み合う各国の政治情勢の中、イスラエル王はよくやっている。

しかし、そんな常識は神に通用しないのさ。
これらの出来事ののち、アハブはナボトの所有するぶどう畑を欲した。

銀や代わりの土地を提示したふぁナボトは断った。

するとイゼベルが手を回し、ナボトを死なせてぶどう畑をアハブのものとした。

なんか、しれっとひどいことしとるな。
このことをもってエリヤはアハブへの罰を宣告する。

彼に属する男子を滅ぼし、妻イゼベルを犬のえさにすると言ってね。

TOP