天使と悪魔の聖書漫談

14.十戒

エピソードの総文字数=934文字

イスラエルの子らがエジプトの地を離れて第3の新月の日。

彼らはシナイの荒れ野にたどり着いた。

そこで神様はモーセを通じてイスラエルの子らに語りかけた。

「お前たちはわたしにとって祭司の王国、聖なる国となる」

厳かな雰囲気やな。

何が始まるんやろ。

シナイ山はかつてモーセが神様と初めて言葉を交わした地だね。

そこでまた改めて神様とイスラエル人との契約を結ぶんだ。

聖書で「契約」という言葉はとても重要。

それだけで一つの学問が成立するくらいだから。

神様は次の言葉を告げられた。


1.私はお前の主である。

2.わたしのほかに何ものをも神としてはならない。

3.自分のために偶像をつくってはならない。

4.私の名をみだりに唱えてはならない。

5.七日目の安息日に仕事をしてはならない。

6.父と母を敬え。

7.殺してはならない。

8.姦淫してはならない。

9.盗んではならない。

10.隣人について偽証してはならない。

11.隣人の家を欲しがってはならない。

12.隣人の妻を欲しがってはならない。

13.隣人の奴隷、家畜など隣人のものを欲しがってはならない。

14.ヨルダンを通る時には律法を刻んだ石を立てなければならない。

これがいわゆる「十戒(じっかい)」だね。

細々とした決め事の上にある基本原則。

憲法みたいなもんかな。

ん? 十戒って……。

ひい、ふう、みい……。

14個もあるやないか。

十戒やったら10個ちゃうんか。

実は「十戒」と言っても、統一された見解は無いんだ。

聖書の文章から、どれを10個の戒律とするかは宗派によって分かれるんだよ。

最後の「石を立てる」話は、一般的な旧約聖書では『申命記』に載っている話。

サマリア五書と呼ばれる聖書にのみ十戒の一つとして書かれているんだ。

つまり、10個であることは確かやけど、何が10個かは神のみぞ知るてことか。

もうちょい分かりやすく並べといてくれたら良かったんに。

イスラエルの民は雷鳴、稲光(いなびかり)、角笛、山煙を見た。

神様を恐れて、モーセにとりなしを願った。

モーセは神様を恐れてはいけないと言った。

民を試し、罪を犯さないようにさせるために神様は来たのだと伝えた。

ここからしばらくは法典の話が続く。

物語の展開が遅くなるからちょっと退屈するかも。

退屈は好かん。

巻きで行くで。

TOP