天使と悪魔の聖書漫談

1.バアル・ゼブブ

エピソードの総文字数=1,181文字

アハブの死後、イスラエルの王となったのは息子のアハズヤだった。
先に言っておくと、彼はその治世においていいとこ無しで終わる。

まず同盟相手のユダ王ヨシャファトと共に金を得るための船団を組んだ。

しかしその船は難破してしまった。

原因は『歴代史下』に、アハズヤが悪事を行っていたからだと書いてある。

それに腹を立てたんだろうね。

難破した時、ヨシャファトはアハズヤを助けようとしなかった。

そら、誰かて難破を起こした元凶を助けたいとは思わんな。

ほんまにそうやったとしてやけど。

アハズヤの不幸はまだ続く。
アハブの死後、モアブはイスラエルに反逆した。

アハズヤはサマリアで、階上の窓から落ちて怪我をした。

モアブは死海の東、イスラエルの南に位置する国だ。

その国がイスラエルに攻撃を仕掛けてきた。

そんな大事なときに窓から落ちて負傷ですって?

いったい何をしているのかしら。

まったくだね。

傷が心配なアハズヤはバアル・ゼブブに治るかどうかを聞こうとした。

バアル・ゼブブ?

バアル・ゼブルやのうてか?

前に少し話した通り、元々はバアル・ゼブルという呼び名だった。

その意味は「崇高なるバアル」ということ。

それを少し変えてバアル・ゼブブと呼んだ。

これは「蠅の王」「糞の王」という意味で嘲笑を込めた呼び名なのさ。

聖書は後世の草によって書かれたもの。

アハズヤ自身はきっとバアル・ゼブルと呼んだのでしょうね。

アハズヤがバアル・ゼブブに伺いを立てようとすると、神様は怒った。

エリヤをアハズヤの使者に会わせて、アハズヤの死を宣告させた。

神様相変わらずブレへんなあ。
アハズヤは50人隊の隊長を部下50人と共にエリヤに向かわせた。

隊長がエリヤに付いて来るように言うと、エリヤは天からの火で兵たちを焼き尽くした。


また、アハズヤは50人隊の隊長を部下50人と共にエリヤに向かわせた。

また、隊長がエリヤに付いて来るように言うと、エリヤは天からの火で兵たちを焼き尽くした。

いや殺しすぎやろ、話くらい聞いたれや。
三顧の礼か三度目の正直か。

三人目の隊長は真っ先にエリヤに跪いて懇願した。

すると天使が来てエリヤに「恐れてはならない」と言って付いて行くよう促した。

「恐れてはならない」とあえて言ったのは。

案外、エリヤは危害を加えられることを恐れていたのかしらね。

エリヤは別に強い戦士というわけでもない。

アハブやイゼベルからは逃げてもいたしね。

そしてアハズヤに会ったエリヤはこう言うのさ。

「お前は寝台から降りることなく必ず死ぬ」とね。

何でか知らんけど、窓から落ちて怪我。

そんでそのまま死んでしもたんか。

確かに、ええとこ無しやな。

アハズヤには息子がいなかったので、弟のヨラムが王位を継いだ。

その頃、ユダ王国ではヨシャファトの息子ヨラムが王となっていた。

どっちもヨラムだから、混同しないように注意してね。
名前の重複が増えてきましたわね……。

TOP