天使と悪魔の聖書漫談

11.割礼 対 無割礼

エピソードの総文字数=1,059文字

ヨナタンはダビデを自分自身のように愛し、彼と契約を結んだ。

着ていたマント、服、剣、弓、帯をダビデに与えた。

ヨナタン、ダビデのこと好き過ぎやろ。

どないしてん。

ヨナタンはサウルの息子だから、順当に考えれば彼が次の王だ。

けれどこの場面は、その身分を差し出すことを象徴しているね。

ダビデはサウルの命を受け、攻撃隊の隊長として各地を転戦する。

そして次々と成功をおさめていった。

ゴリアテを倒したんも、まぐれやない。

それを証明したってことやな。

しかしそれがサウルの妬みを呼ぶことになってしまう。
イスラエルの女たちがサウルを迎える際、戯れに歌を歌った。

「サウルはいく千もの敵を討ち、ダビデはいく万もの敵を討つ」

ダビデに劣るかのような歌に彼は腹を立て、ダビデを殺そうとした。

別にダビデが悪いわけでもないのに、もう殺す気か。
このタイミングでまた神からの悪霊(あくれい)が取り付いている。

精神的な病だったんだろうね。

初代王という責任の圧力に耐えられなかった、という人もいる。
気に入らないから殺す。

それ自体は別に構わないのだけれど。

なんだか、卑屈な感じがして嫌ね。

サウルは自分からダビデを遠ざけるために戦場に送る。

でもダビデは次々に武功を立てて、民衆の支持を得始めてしまう。

サウルの娘、ミカルはダビデを愛していた。

サウルはダビデに、ミカルと結婚し、結納金のためにペリシテ人の包皮100枚を用意するように言った。

いらんわ。
当時のイスラエル人たちはペリシテ人を「無割礼」と言って嘲った。

だから包皮を持ってこいというのは、割礼を施してやれくらいのニュアンスだろうね。

ん?

割礼……?

どうしたの?
ミケランジェロのダヴィデ像あるやん。

あれって皮被ってへんかった?

ああ、これはたぶん、ミケランジェロがキリスト教社会の人間だからさ。
と、言うと?
ユダヤ教徒とキリスト教徒の大きな違いに割礼がある。

割礼をすることはユダヤ教徒の証でもあるんだ。

ダヴィデ像に割礼を施せば教会に睨まれる。

そんな風に思って、あえて皮被りにしたんじゃないかな。

たかが人形の男性器に皮があるか無いか。

そんなことでいちいち揉めるかもしれないだなんて。

阿呆ね阿呆。

いっそ、男のあれなど全部切ってしまいましょう。

(ビヨンデッタなら本当にやりかねないな……)
ともあれダビデはサウルの命に従ってペリシテ人と戦った。

そして約束の倍、200人分の包皮を持ち帰ってきた。

そんなにもろて、どないすんのやろ。
そしてダビデはミカルを妻とし、ミカルはダビデを愛した。

サウルはますますダビデを恐れるようになったんだ。

TOP