天使と悪魔の聖書漫談

3.民、王を求める

エピソードの総文字数=918文字

サムエルはイスラエルの民全体に告げた。

「主に立ち返るには、異国の神々やアシュトレトに仕えてはならない」

「主のみに仕えれば、あなたたちをペリシテ人から救うだろう」

イスラエルの子らはバアルとアシュトレトではなく、主のみに仕えるようになった。

まーた、みんなしてバアルとアシュトレトを拝んどるやないか。

もはやコントやろ。

わたくしが魅力的過ぎるのです。

仕方ありませんことよ。

毎度のごとくイスラエルの民は改心して神を拝み始める。

そこにペリシテ人たちが攻め上ってきた。

けれどサムエルが神に生贄を捧げると、ペリシテ人たちは雷に動揺した。

その隙にイスラエル人たちが襲い掛かって、ペリシテ人を打ち負かす。

いつも通りっちゅう感じやな。

読者も飽きてくるし、そろそろテコ入れせなあかんのちゃうか?

安心してほしい。

歴史の大きな転換点が近づいているんだ。

サムエルは年老いて二人の息子を跡継ぎとした。

しかし息子たちは賄賂によって動き、民からの支持は得られなかった。

イスラエルの民は他国のような王制を求め始めた。

あらあら。

イスラエル王国の始まり、というわけですのね。

王の中でもダビデとソロモンはそれなりに名が通っていますわ。

とりわけ、わたくしを使役できるなどと思い上がったソロモン……。

あれの顔を拝まねばならないのは、とっても不愉快。

地獄にいられてもうっとおしいから追い返してやりましてよ。

明治生まれのキリシタン研究家、浦川和三郎はこう言ったらしい。

「彼(ソロモン)が、はたして父ダヴィドのように改心して神様のおん赦しをいただいたか随分疑わしいものだ、という人が多い」とね。

ビヨンデッタが追い返したんなら、天国に行くしかあらへんな。
ソロモンの魂が天国にあるか地獄にあるか。

実は後世、神学者の間でずっと議論の種になっている。

聖アウグスティヌスなんかは地獄に堕ちたとみなしていた。

ダンテ・アリギエーリによる『神曲』では天国にいることになっている。

西洋社会で千年以上かけて、ソロモンは天国行きか地獄行きかと議論になった。

そしてこんな極東の島国でまで、天国か地獄かと騒がれる。

滑稽ね!

草どもの王に相応しい道化ぶり。

ともあれ、まずは最初の王サウルだ。

彼の軌跡を追ってみるとしよう。

TOP