天使と悪魔の聖書漫談

11.シュメールの神々

エピソードの総文字数=1,676文字

サマリアが陥落し、イスラエル人たちは連れ去られ捕囚の身の上となった。

そしてサマリアには別の民が移り住んできた。

そして彼らは当然、負けたイスラエルの神なんか拝みやしない。

各々が崇める神々の像を造って奉じるわけだ。

どんなんやろ。

アッシリア王国の民ならメソポタミア神話やろ?

マルドゥークとかちゃうか。

ここは流行に乗ってギルガメシュ、ではいかがでしょう。
ギルガメシュが信仰対象になるかどうかは分からないけどね。
バビロン、クト、アワ、ハマト、セファルワイム。

アッシリア王はそれらの地域から人々をサマリアへと移住させた。

バビロンの人々はスコト・ベノトの神を祀った。

この神はバビロニアの国家神マルドゥークの配偶者、ザルバニトゥである。

(NIV, Chronological Study Bibleを参照)

マルドゥーク本人やのうて、その嫁さんやったか。
そうではなく、マルドゥークそのものだという学者もいるらしい。

実際のところどうだったかを知るのは難しいだろうね。

いずれにせよ、バビロニアの重要な神を祀ったことに違いないのでしょう。

であれば、両方祀っていてもおかしくないのではなくて?

どちらであるかなど、瑣末な問題ですわ。

雑だなあ。
クトの人々はネレガルの神を祀った。

ネレガルはバビロニア神話において戦争と疫病の神とされる。

なかなか素敵な神様のようね。

戦争も疫病も大好きでしてよ。

(なんか、昔見たアニメの企業名にそんなんあった気ぃするなあ……)
ネルガル、と呼んだ方がよく聞く名前だろうね。

太陽神であると同時に災禍をもたらす神とされた。

あのへんの夏は人が死ぬほど暑いからね。

日本の夏に比べたら「災禍」言うても不思議ちゃうわな。

ネレガルに比べたらアマテラスは恵みの神様やで。

アマテラスが恵みの神かどうかは議論の余地がありそうだね。

日本列島であっても、民衆にとって夏はさほど優しい季節ではないよ。

ハマトの人々はアシマの神を祀った。

アシマはアッカド神話における運命の女神シムティと同一視される。

(Noah's Ark and the Genesis-10 Patriarchs: A Study in Genesis-10を参照)

また、その名はアシェラに通じる。

(NIV, Chronological Study Bibleを参照)

アシェラ像なら今まで散々倒されとったな。
アッカド神話はバビロニア神話とは別物でしたかしら。
そのへんは正直曖昧だ。

全部まとめてメソポタミア神話と呼ぶけどね。

シュメール神話、アッカド神話、バビロニア神話、アッシリア神話。

このへんはだいたい同じだと思っていい。

ギリシア神話とローマ神話みたいなもんやろか。
難しいところだね。

神話というのは、なかなか明確に起源を辿れるものではないから。

アワ人はニブハズとタルタクの神を祀った。

ニブハズは犬の頭を持つエジプトの神アヌビスと同一視される。

(Smith’s Bible Dictionaryを参照)

タルタクはロバのイメージで祀られるが、詳細は不明である。

頑張って調べたんだけどね。

タルタクが何なのかよく分からなかった。

ロバ頭ということなら、パレースという神のことかもしれない。

バーバラ・ウォーカーの『失われた女神たちの復権』によると、

パレースは後のパレスチナやパレス(宮殿)の語源になったらしい。

アヌビスの方は有名やな。

「闇の審判」にはお世話になったで。

わたくしも、『女神異聞録ペルソナ』はとても楽しませていただきました。
セファルワイム人は自分たちの子供を火で焼き、アドラメレクとアナメレクに捧げた。
セファルワイムは『イーストン聖書辞典』によれば「二つの本の町」という意味らしい。

バビロンの北、ユーフラテス川沿いにある町だね。

アドラメレクはミルトンの『失楽園』に堕天使として登場する。

天使ウリエルとラファエルに退治される役回りでね。

実際のアドラメレクはアッカド神話の太陽神。

そして一緒にいるアナメレクは月の女神だそうだ。
太陽と月の神様か。

やっぱり喧嘩とかしとったんかな。

記紀神話のアマテラスとツクヨミみたいに、ね。

TOP