天使と悪魔の聖書漫談

2.ペリシテ人との戦い

エピソードの総文字数=1,102文字

イスラエルはペリシテ人と戦うために進軍。

エベン・エゼルの近くに陣を敷いた。

ペリシテ人はアフェクに陣を敷き、戦いに備えた。

エベン・エゼルやアフェクがどこにあるか。

色々と説が出ているけれど、これというのは見当たらない。

ともあれ、エルサレム周辺の出来事ということは分かっている。

なんや、また戦争おっぱじめる気か?
聖書は戦いの記録だね。

争いは無くならない。

と言うより、あって当たり前の感覚かな。

ちなみに現代、パレスチナという言葉は「ペリシテ人の土地」という意味なんだ。

古代ペリシテ人と今のパレスチナ人に繋がりがあるかどうかは不明だ。

けれど、根深い因縁を思わざるを得ないね。

それで戦争はどうなったのかしら?
イスラエルの惨敗さ。
ペリシテ人はイスラエルの神を恐れた。

しかしそれゆえに奮戦したと書かれている。

大祭司エリはこの戦争で二人の息子を失った。

イスラエルは戦争に敗れ、神の櫃(ひつ)は奪い去られた。

息子の死、神の櫃の紛失を聞いた大祭司エリは椅子から倒れ、首を折って死んだ。

神の櫃?
契約の箱のことさ。

十戒が刻まれた石版が収められている。

『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』

そのアークのことと言えば分かる人には分かるかな?

インディ・ジョーンズシリーズの一作目ですわね。

蛇の嫌いな冒険家。

彼が僕を嫌いでも、僕は彼が好きだけどね。
ペリシテ人は神の櫃を奪い、アシュドドに運んだ。

神の櫃をダゴンの宮に運び入れ、ダゴンの傍らに安置した。

ダゴンは主の櫃の前に、うつぶせになって倒れていた。

その頭と両手は切り取られて敷居の上にあり。

胴体だけが残っていた。

仲の悪い神を一緒にすれば、喧嘩して当然でしょうに。

信仰の薄い日本人でも、分霊(わけみたま)はもう少し慎重ですわよ。

神の櫃はペリシテ人に病を流行らせた。

腫れ物の病で、おそらく線ペストだろうと言われている。

イスラエル人にとっては聖なるものでも、ペリシテ人には呪いのアイテムさ。

これはもう耐えられないといって、イスラエル人に返すことにした。

それがええわ。

うちやったら、そんなん関わりとうもないからな。

ミカちゃん、もう自分が天使の自覚無いよね?
そんなことあらへんで?

神様はうちのボスやからな。

上司の陰口叩くんは部下の嗜みみたいなもんや。

お姉さま、さすがですわ。
怒られても知らないよ。
ペリシテ人たちは神の櫃を返すにあたり、捧げ物も添えることにした。

彼らの祭司や占い師たちがそうすべきだと言ったらしい。

勝者が敗者に捧げ物を渡すのも変な話だけどね。

何にせよ、神の櫃、すなわち契約の箱は戻ってきた。

イスラエル人がやられたままで済ますわけあらへん。

次回あたり、サムエルが活躍しそうな気ぃするで。

TOP