天使と悪魔の聖書漫談

7.勝利の日々

エピソードの総文字数=915文字

カナン人アラドの王は、イスラエルと戦い、数名を捕虜とした。

イスラエルの民は神様に誓った。

「もしカナン人を我々の手に渡してくれれば、かの町々を滅ぼしつくします」

「滅ぼしつくします」とは。

なかなか好戦的なセリフやないか。

聖書ではこの後、その通りにアラドの町々をイスラエルが滅ぼすんだ。

そして滅ぼされた場所はホルマ(破滅)と名づけられた。

姉のミリアムを失い、兄のアロンを失い……。

民の多くを疫病で失い。

何人もの造反者を生み。

当人もかなり年を取り。

それでも勝ったんやな。
小さくはあっても勝利だ。

ここからイスラエルが前に進んでいく時だよ。

もちろんまだまだ苦難はある。

それでもようやく流れが生まれつつある。

アモリ人王シホンはイスラエルと戦った。

イスラエルは彼らを剣で討ち、すべての町を取った。

続けての勝利か。

最初の勝利が、まぐれやないってことかもしれんな。

この勢いはまだ続くよ。
イスラエルの子らはバシャンの王オグとその子ら……、

そして民の全てを一人残らず打ち殺し、その土地を占領した。

やるやないか。
かなり強いよね。

信仰による強さということなんだろうけど。

色んなものをそぎ落として、一致団結できる状態になってきたんじゃないかな。

その強さは周辺にも知られるようになった。

するとそれを警戒する人も現れた。

ツィボルの子バラクはモアブの王である。

彼はイスラエルがアモリ人に行ったことを見、非常に恐れた。

直接の戦闘を避け、イスラエル人を呪い殺そうと考え、バラムを招くことにした。

直接戦ったら負けると判断したんやな。

呪いでもなんでも、使えるもんは使おうってことか。

もし彼に呪いをかけられたら、イスラエル人もどうなっていたか……。
けれど神様がそうはさせなかった。
神様がバラムのもとに来て言った。

「イスラエルの民は祝福されている。彼らを呪ってはならない」

わざわざ神様が出向いて押しとどめたんか?

あなどれん奴やってんな。

バラムは神様の意思に従うんだ。

その後、バラクがより身分の高い使者を送った時、神様はバラムに「行け」と言う。

実は神様には考えがあった。

バラムには神様が命じることだけを行うように釘をさしておいたんだ。

敵を味方にするんやな。

戦略めいてきたやないか。

TOP