天使と悪魔の聖書漫談

7.イゼベルの死とバアル神殿の破壊

エピソードの総文字数=1,125文字

なんやこれ。

女の人が犬に食われとるやないか。

王冠を被った男が突っ立っていますわね。

見たところ、こいつが主犯のようです。

バロック期イタリア人画家アンドレア・セレスティの作品だよ。

王冠の男はイエフだね。

前イスラエル王ヨラムを殺して王位を得た男さ。

そして倒れて犬に食べられている女はイゼベル。

先のイスラエル王アハブの妻で、彼の死後も権力を持っていた。

預言者エリヤが「犬どもがイゼベルを食らう」言うてたな。

その預言が成就した場面っちゅうことか。

「イゼベル」という名は聖書において悪の象徴でもある。

『ヨハネ黙示録』にティアティラの教会の敵対者として登場するんだ。

イゼベルは窓から見下ろしてイエフに言った。

「お変わりないですか、主君殺しのジムリ」

ジムリは7日間しかもたなかったイスラエル王だね。

イゼベルはその名を出すことでイエフを揶揄している。

イエフはイゼベルに従う宦官に「その女を突き落とせ」と言った。

彼らは突き落とし、イゼベルの血は壁や馬に飛び散った。

イエフは食事中、イゼベルの亡骸を葬ってやるように言った。

しかしイゼベルの身体は頭蓋骨、両足、両方の手のひらしか残されていなかった。

この報告を聞いてイエフは、犬がイゼベルを食べたのだと理解した。

アンドレアの絵は犬が食べている場面をイエフが目撃している。

分かりやすさのために、少し聖書の内容を改変しているんだろう。

イゼベルは偶像崇拝、バアルの信奉者だ。

それゆえ現代において彼女の名は「ふしだら」の代名詞にまでされてしまった。

アメリカでは特に黒人女性を差別する言葉とされている。

イエフはサマリアに行き、アハブの一族を根絶やしとした。

また、バアルの神官たちをだまし討ちで皆殺しにした。

神殿を破壊し、汚物溜めとした。

だまし討ちとは。

聞き捨てなりませんわね。

イエフは「バアルのために聖なる集会を催せ」と命じた。

これはバアルの神官たちを全員呼び寄せるための嘘だった。

神官を見分けるため、全員に祭服を着せるという徹底ぶりさ。

神殿に閉じ込めて剣で殺した。

そして神殿を焼いて完全に破壊したんだ。

焼いた石柱に水をかけたら楽に粉砕できるらしいからな。

そうやって破壊したんやろ。

かくしてイエフはバアル崇拝をイスラエルから取り除いた。

そのこと自体は主にも認められている。

しかし神を崇拝せず、金の子牛を崇拝し続けた。

この頃から徐々にイスラエルは国力を弱めていく。

信仰など関係なく、単に同盟国を切り捨てたためでしょう。

彼はユダ王を殺し、シドンとの縁であるイゼベルを死なせたのですから。

政治の先鋭化が国の孤立を招いたのですわ。

アラム・ダマスカスの王ハザエルはイスラエル王国のいたるところを侵略した。

イエフは死に、その子ヨアハズが王となった。

TOP