天使と悪魔の聖書漫談

12.サムソンの結婚と離婚

エピソードの総文字数=1,309文字

当時、イスラエルを支配していたのはペリシテ人であった。

サムソンはペリシテ人の娘を見初めて、妻にしたいと言った。

両親は反対したが、これは主によるものであった。

ペリシテ人と事を構える機会を窺っていたのだ。

悪魔に負けず劣らず、神も悪巧みがお好きなようで。

けっこうなことですこと。

今のところ悪魔はさほどのことをしていない気もするね。

せいぜい知恵の実を食べさせたくらいじゃないかな。

それはサタニャエルの仕業ではなくって?
さて、どうだったかな。
この次の場面は少し象徴的で、ちょっと解釈が難しいよ。
一頭の若い獅子がサムソンに襲い掛かった。

サムソンはその獅子を素手で引き裂いた。

その後別の場所でペリシテ人の女と会話し、また戻って獅子の死体を見た。

獅子の死骸にはミツバチの群れがいて、蜜があった。

サムソンは手でかき集め、歩きながら食べた。

ミツバチのおる中を手でさぐったっちゅうことか?

刺されへんかったんやろか。

きっと神のご加護とやらで無事だったのでしょう。
いや、それよりも何で獅子の死骸から蜂蜜が取れるかでしょ。
言われてみたらそうやな。

サムソンが離れとる間に誰かが仕込んだんやろか。

……。

聖書の読み方としては斬新だね。

何かしら象徴的なものだろうと思うよ。

正確にこれという答えが出せるものでもない。

福音主義神学会(Evangelical Theological Society)が発行している記事がある。

マルティン・エンリッヒという牧師がこの獅子と蜜について解釈を述べていた。

かいつまんでちょうだい。
要するに獅子はカナンの地で、ミツバチはイスラエル人ってことかな。

神の国に住むには神の敵を倒すしかないということを表現しているのさ。

不退転の決意や。

戦う心意気は嫌いやないで。

サムソンはペリシテ人の女と結婚し、祝宴を設けた。

三十人のペリシテ人が同席し、サムソンは彼らに謎を与えた。

麻の衣三十着、着替えの衣三十着をかけた謎掛けであった。

祝いの席で賭け事だなんて。

罰当たりな男ですわね。

いちおうこれも神の策略ってことかな。
僕の敬愛するレンブラント・ファン・レインの絵だよ。

サムソンの祝宴を描いている。

彼の描き出す光と影は僕を魅了してやまないんだ。

謎の内容はこうだ。

「食べる者から、食べ物が出た。強い者から、甘い物が出た」

これはさっき見た、獅子から蜂蜜が取れた話だね。

こんな個人的な体験を言われたって、誰も分かるわけがない。

謎をかけられたペリシテ人たちは怒り、サムソンの妻に答えを聞きだせと迫る。

それで結局どないしたんや?
ペリシテ人たちは彼女から聞きだした答えをサムソンに伝えた。

でもサムソンにすれば妻から聞きだしたのはお見通しだった。

「雌牛」(妻のこと)に頼らなければ謎は解けなかっただろうと言う。

そして何と、彼は衣を手に入れるため、別のペリシテ人三十人を殺す。

手に入れた衣を着替えの衣として、祝宴に参加したペリシテ人三十人に与えたんだ。

はぁ?

無茶苦茶やないか。

全くですわね。
掛けたのは麻の衣三十着と着替えの衣三十着でしてよ。

なのに着替えの衣三十着しか用意できないだなんて。

そこ?
サムソンは怒って実家に帰った。

サムソンの妻は彼の友人の妻になった。

TOP