天使と悪魔の聖書漫談

5.ダビデからソロモンへ

エピソードの総文字数=1,250文字

神様がダビデに言った。

「お前は多くの血を流し、大きな戦争を度重ねた」

「わたしの名のために神殿を建てるのはお前ではない」

歴史的に、エルサレムには二度、神殿が建てられたと言う。

その最初の神殿がソロモン神殿だ。

後に建てられた神殿と区別して、第一神殿とも呼ぶね。
そういや『サムエル記』でソロモンが神殿建てとったな。

せやけど、その前にダビデが神様に「お前ちゃう」言われとったんか?

神殿は神聖なもので、血で穢れたダビデが建てるのは相応しくないってことだね。
ソロモンはソロモンで随分と粛清を行っていましたわよ?
……。
なんですの、この白い物体は。
彼女の名はシャロウムちゃん。

日本国イスラエル大使館のマスコットキャラさ。

その名は「こんにちは」と「平和」を意味するシャローム。

それに鳥のオウムを掛けたものなんだ。

かわええなあ。

会うてみたいわ。

この肉がどうかしまして?
キャラクター自体はご愛嬌さ。

僕が言いたかったのはソロモンという名前についてだ。

ソロモンとシャローム。

響きが似ているだろう?

実はソロモンという名はシャロームの派生語らしい。

なるほど。

確かに、口に出してみると発音似とるな。

要するに、血で穢れたダビデとの対比というわけね。

戦争がひと段落し、ソロモンは平和の象徴である、と。

そうだね。

戦闘に長けた人物が必ずしも平和の時代に適した政治が出来るわけじゃない。

むしろ戦争し続けることでしか治めきれないなんてことにもなりかねない。

武断政治から文治政治への転換は重要なイベントだ。

ソロモンという名前にはそうした意味もある。

ダビデはソロモンに神殿建設の任を与え、彼を王とした。

ダビデの息子たちもみなソロモン王の支持を誓った。


ダビデの子の一人、アドニヤはどないしたんや?

アビシャグを巡ってソロモンと対立しとったやろ。

そんな対立は無かった。

言っただろう?

彼の名前はシャローム、即ち「平和」と繋がっているって。

けれど、後には偶像崇拝を始めるのでしょう?

それで神の怒りを受けて、イスラエル王国が南北に分裂したのではなくて?

もちろんイスラエルは分裂する。

それは歴史的な事実だからね。

けれどソロモンは立派な王様なのさ。

彼は偶像崇拝など一切行わず、常に神と共にあった。

すこし『歴代誌下』に入ったけどね。

『サムエル記』と大きく異なり、ソロモンは優れた王とされている。

おかげでダンテの『神曲』では天国に行けたのかな。

なんでそないに違うてしもたんや?
それはきっと『歴代誌』が新しい世代のユダヤ人に向けられたものだからだね。

罪や罰を戒めとして語るよりも、より未来への希望に向けた内容を求めたんだと思う。

確かに、今までの聖書は滅びの理由ばかりでしたもの。

そんなものばかり読まされれば、自分たちの現状を肯定するようなものですわ。

おかげで『歴代誌』は『サムエル記』や『列王記』に比べて随分と薄味だけどね。

禍々しいものがあまり見当たらない。

ユダ王国滅亡の原因とされた王マナセについても改変が施されている。

彼でさえ最後には主への信仰に目覚めたとされるんだ。

TOP