天使と悪魔の聖書漫談

8.バラムの歌

エピソードの総文字数=943文字

バラムを載せたロバは神様のみ使いに気付き、道をそれた。

しかしそのたびにバラムは鞭を打ってロバを道に戻そうとする。

それを3回続けると、神様がロバに人の言葉を話せるようにした。

ロバ「わたしが何をしたというのです。3回も鞭で打つなんて」
バラム「馬鹿にするな。剣があれば殺すところだぞ」
ロバ「わたしがあなたに対してこのように振舞ったことがありますか」
バラム「いや、なかった」
その時、神様がバラムの目に、み使いの姿が見えるようにした。

み使いはバラムを叱り、バラムは謝罪した。

そしてみ使いはバラムに「わたしがお前に語ることだけを告げよ」と言った。

ロバが……、しゃべった!?
いやいや、今さら驚くとこじゃないでしょ。
せやけど久しぶりやん。

聖書の中で動物がしゃべるんは。

蛇以来ちゃうか?

確かに珍しい場面ではあるね。

しゃべっていると想定して最初の絵を見ると、言い争っている感じが面白い。

ともあれバラムはバラクに歓待される。

そこでバラムはバラクの期待から大きく外れた行動を取ってしまう。

バラクとバラムって名前似ててややこいな。
バラムは声をあげて、イスラエルを祝福する歌を歌った。

バラクはバラムに言った。

「あなたは、わたしに何ということをしてくれたのですか」

バラムは答えた。

「私は神様の言葉を忠実に繰り返すのみです」

せっかく大枚はたいて歓迎しとるのにな。

これなら呼ばん方が良かったやろ。

だね。

そしてまだ歌は続くよ。

バラクはバラムに、イスラエルに呪いをかけるよう頼んだ。

しかしまたバラムはイスラエルを祝福した。

バラクは「呪わないのならせめて祝福しないでくれ」と言った。

バラムは「神様が告げることは全て行わなければならない」と返した。

ちょっとしたコントみたいになっとるやないか。
既視感、あるよね。
バラクは場所を変えて、イスラエルを呪うようバラムに願った。

しかし、やはりバラムはまたイスラエルを祝福する歌を歌った。

バラクはバラムに怒って言った。

「帰れ!」

あかん。

ちょっとわろてまう。

そしてバラムはすぐには帰らない。
バラムはイスラエルの民が、モアブを討ち滅ぼすと告げた。

そしてアマレク人、カイン人に向けても同様に滅ぶと言った。

その後、バラムは帰った。

バラクも帰った。

バラク、最後まで聞いとったんかい!
いい人っぽいよね。

TOP