天使と悪魔の聖書漫談

6.水が血となり、蛙が這い出る(第1~2の災害)

エピソードの総文字数=840文字

頑迷なファラオを挫けさせるため、神様はエジプトにいくつもの災害を起こした。

モーセが神様の指示に従い、蛇の杖をナイル川に投げ込むと、水が全て血となった。

川の魚は死に、川は腐り、川の水を飲むことが出来なくなってしまった。

毎度のことやけど、えげつないことしはるなあ。
もっと先のことになるけど、『ヨハネの黙示録』でも水が血になるんだ。

第二のラッパ:海の三分の一が血になり、海の生物の三分の一が死ぬ (8:8-9)

黙示録か……。

中二病ちっくでええやないか。

(中二病って何だろう……)
神様の指示をモーセが聞き、それをアロンに伝えた。

アロンは従い、手をエジプトの水の上に伸ばすと、蛙が這い上がってきた。

蛙はエジプト全土を埋め尽くした。

ファラオはこれにまいり、モーセとアロンを呼んで伝えた。

蛙を取り除いてくれれば、イスラエルの民を自由にすると。

水が飲めないわ、蛙多すぎるわで、さすがにファラオも困ったろうね。

モーセとアロンに泣きついてきたわけだ。

蛙、食べたらええやん。
え……!?
???
ともあれ、モーセはファラオの願いを聞き入れたわけだ。

そこで神様に、蛙をどうにかしてくれと頼んだ。

蛙が帰るんやな。
いや……。

そこらじゅう、家とか畑にいた蛙は全部死に絶えたんだ。

いたるところに蛙の死体が山積みになって、ひどい悪臭だったらしい。

うへぇ。

そら、かなんなあ。

神様、アフターフォローがなっとらへんで。

ファラオは一息つく暇ができた。

するとまた心を頑迷にし、モーセたちの願いを聞き入れなかった。

喉元過ぎれば熱さを忘れる。

いざ蛙の問題が片付くと、約束を反故にしてしまったんだ。

いやいや、蛙の死体山積みで、息つく暇とかあらへんで。
そのへんの細かいところは下っ端の役割だろうからね。
ファラオが言うことを聞かないので、神様はさらなる災害を引き起こす。

第一の災害は水が血に変わることで、第二の災害は蛙の大量発生だった。

これが第三、第四と、第十まで続くんだ。

このレベルの災害があと八つもあるんか。

国、滅びてまいそうやな……。

TOP