天使と悪魔の聖書漫談

10.モーセの歌

エピソードの総文字数=822文字

いよいよモーセに死が近づく。

それに際して、最後の言葉や、次代への準備が進められる。

神様はヨシュアに命じて言った。

強く、雄雄しくあれ、と。

イスラエルの子らを導くのだと。

中心にいるのは誰?

なかなかいい男ね。

お姉さまの足元にも及ばないけれどね。

この絵はジョン・マーティンという19世紀イギリスの画家が描いたものだよ。

中心にいるのがヨシュアなんだ。

次の『ヨシュア記』はイスラエル人によるカナン征服が描かれる。

その主人公であるヨシュアはまさしく戦士。

モーセのような、いかにもな宗教指導者とは毛色が違っているね。

モーセは語った。

あなたたちは堕落し、わたしが命じた道からそれるだろう。

わたしには分かっている。

死の前に恨み言?

やるじゃない!

民衆に散々苦労させられたモーセだからね。

自分がいなくなれば、たがが外れると思ったろうさ。

モーセはこの歌の言葉を語り聞かせた。

神を称えよ。

主は岩なり。

神は正しき。

随分とシンプルな歌ね。
実は僕なりのアレンジなんだ。

本当はもっと仰々しいよ。

サタニャエルに歌詠みの趣味があっただなんて。
それで?

この「主は岩なり」ってどういう意味なのかしら。

それはきっと、岩がイスラエルの民を何度も守ってきたことによる。
彼らが暮らしていたのは岩ばかりの土地。

そしてそこで彼らは多くの敵と戦ってきた。

岩の割れ目に身を隠すことも多々あったろうね。
こそこそ隠れるのは性に合わなくってよ。
ひ弱な草どもが生き残るには仕方ないのでしょうけれど。
他に神は無し。

神は殺し生かす。

神は傷つけ癒す。

よく「神がいるのにどうして戦争はなくならないのか」って聞くけれど。
まったくの逆ですわ!

神がいるから戦争はなくならないのよ。

神など不要よ。

神を無くしてどうする気だい?
このわたくしが支配する世界を期待なさい。
ビヨンデッタに支配される世界は勘弁してほしいところだね。

それこそ蚋(ぶよ)や虻(あぶ)に満ちた世界になりそうだ。

草どもはこの蠅の王の下、伏して平等に暮らしなさいな。

TOP