天使と悪魔の聖書漫談

8.ヨアブの戦い

エピソードの総文字数=1,008文字

反逆者であり王の子であるアブサロムは死んだ。

王ダビデは悲しみ、自らが代わりに死ねばよかったと嘆いた。

それを知った総司令官ヨアブは王ダビデをなじった。

子を失う悲しみは分からなくもない。

けれどダビデは王だ。

そんな風に悲しめば兵たちはどう思うか。

まるで兵たちが死んで、アブサロムが生き残れば良かったと言っているようなものだ。

そう言ってヨアブはダビデを批判し、兵たちに語りかけるよう促した。

王としての責務を全うするように言ったわけだね。

ダビデはなんやかんや言うて心が弱いとこあるな。

それはそれで一つの魅力なんやろけど。

強いだけの王を民は求めていないのでしょう。

彼らはその弱さも含めて王を愛するのです。

強さだけであれば、ヨアブこそ王になるべきでしょう。

しかしそうはせず、ヨアブは王の補佐に徹する。

なかなかの忠義ね!

わたくしの軍に加えてあげたいくらい。

間違いなく断るだろうね。
ダビデはヨアブに代えてアマサを総司令官とした。

その後、シェバの反乱があり、ダビデはアマサに兵を三日で集めるよう指示した。

しかしアマサは間に合わせることが出来なかった。

ヨアブはアマサに近づき、これを殺した。

そして兵をまとめ、シェバをイスラエル最北のマアカに追い詰めた。

ヨアブは優秀やな。

目的を果たすためなら、味方でも容赦せえへん。

そのように冷徹であることが、より多くの味方を生かすのですわ。
せやな。

なかなか出来ることちゃうで。

ヨアブの兵が城壁の破壊作業をしていると、一人の賢い女が声を上げた。

彼女はヨアブに対し、なぜ主のものである町を滅ぼそうとするのかと問うた。

ヨアブはそのようなつもりは無く、シェバの首さえあれば良いと言った。

すると女は町に戻り、住民を説き、シェバの首をはねてヨアブに投げ寄越した。

町の人間もシェバと心中する気は無かってんな。

民心を得てもおらんのに反逆ののろしを上げたらあかんで。

しかしこの女は何もんや?

えらい、どうどうとしてはるけど。

名前は無いね。

ただの「賢い女」として登場するんだ。

賢い女。

これは士師または初期王制時代、女性の模範としてあったんじゃないか。

例えば1981年にテキサス大学のクラウディア・キャンプ教授がそう語っているね。

難しい場面での交渉力。

それこそが「賢い女」の持つ力なのさ。

日本神話だとイザナギとイザナミの仲を取り持ったキクリヒメなんかがそれに近いかも。

シェバの首を受け取り、ヨアブはエルサレムの王のもとへ帰った。

TOP