天使と悪魔の聖書漫談

7.戦争に関して

エピソードの総文字数=828文字

戦いに出るとき、数の多い軍勢を恐れてはならない。

神様が共にいるのだから。

さあ、戦争を始めましょう。
圧倒的な力で敵を蹂躙するのも悪くないけれど。

わたくし的には、寡兵をもって強敵を打ち砕く展開が好みかしら。

ここで語られるのは申命法典だからね。

まだ実際の戦争には突入しないよ。

あらそうなの?

早く始まらないかしら。

戦争は歴史の華なのよ。
新しい家を建て、それを奉献(ほうけん)していない者は家に帰りなさい。

戦死して、ほかの者がそれを奉献するようなことがないように。

あら。

戦争せずに帰るのかしら。

申命記ではいくつか、戦争に参加しない場合が書かれているね。
ぶどう畑を作り、収穫を味わっていない者は帰りなさい。

戦死して、ほかの者が収穫を味わうようなことがないように。


婚約し、結婚していない者は帰りなさい。

戦死して、ほかの男が彼女と結婚することがないように。

お優しいこと。

むしろ戦争のために結婚させないのではなくって?

僕なりの解釈だけど、これは戦争のための準備とも言える。

まず家の奉献というのは、神に財産を捧げることだ。

だから、全てにおいて信仰が優先されるんだ。

農耕は、食料の調達。

結婚は民族の繁栄、すなわち兵力の拡充。

そうした基礎的な力を疎かにしない。

これこそが兵の強さの秘訣なんだよ。

草どもの戦争は大変ね!

わたくしなら、一人で万の軍勢を滅ぼしてみせますわよ。

恐れて弱気になっている者は家に帰りなさい。

兄弟たちの心が彼のように挫けるといけないから。

恐怖は伝染する。

正しい判断ですわね。

町が降伏を受け入れるなら、住民を強制労働に服させなさい。

降伏を受け入れないなら男を皆殺しにし、女と子供、家畜を略奪しても良い。

結構なこと。

かつて自分たちが受けた苦しみを他民族にもおすそわけというわけ。

映画『十戒』のイメージは強烈だね。

ユダヤ人たちは虐げられた被害者という印象を持たれがちだ。

けれど聖書を読めば分かる。

彼らもしっかりと加害者の役割を演じているのさ。

弱肉強食!

よろしくってよ!

TOP