天使と悪魔の聖書漫談

11.紅海の渡航

エピソードの総文字数=1,082文字

ついに来たな。
ついに来たね。
画像は映画『十戒(The Ten Commandments)』のクライマックスだね。

エジプトから脱出したイスラエルの民を率いて、モーセが海を割るシーンだ。

旧約聖書のイメージっちゅうたらこれやな。

モーセが海を割るとこや。

聖書を1行も読んだことない人でも知ってる場面だね。

大勢の人が道を開ける光景を「十戒のようだ」なんて言ったりもするね。

それくらい人々に強烈な印象を与えたってことだろう。

しかし、この海って実際どこらへんのことなんや。
これも正確なところは分かっていない。

おそらく今のスエズ運河らへんだとは思う。

今とは地形も変わっているだろうし、解明は困難だね。

ファラオと家来たちはイスラエルの子らの解放を悔いた。

えり抜きの戦車600に士官を乗り込ませ、後を追った。

軍勢はバアル・ツェフォンの前のピ・ハヒロトに迫った。

まだ追いかけてくるんか。

タフなやっちゃな。

ここでイスラエルの民を連れ戻しても、また同じことの繰り返しだろうに。

聖書ではこのファラオの行動も神様の意思なんだ。

イスラエルの民はモーセに言った。

「荒れ野で死ぬよりエジプト人に仕える方がマシだ」と。

モーセは民に言った。

「恐れてはならない。神様があなたたちのために戦われる」

モーセが手を海の上に伸ばした。

すると、神様は激しい東風で海を押し返し、海を陸地とした。

イスラエルの子らは乾いた土の上を進んだ。

水は右も左も壁のようになった。

絶景やな。

うちも歩いてみたいわ。

視覚的に、これ以上無いくらいのインパクトだよね。

この場面の絵はいくつもあるけれど、見れば滝の音が響くような気さえするよ。

ナイアガラの滝とか見て、モーセの海割りを連想したりするんやろか。
モーセが海に手を伸ばすと、水は元に戻り、エジプト人たちを覆った。

彼らのうちで逃れた者は一人もいなかった。

ついに決着か。

長い戦いやったな。

アロンの姉、女預言者ミリアムはタンバリンを手に取った。女たちもみなタンバリンを持ち、彼女に続いて踊りながら出てきた。ミリアムは彼らに答えて歌った、


主に向かって歌え。

主はその栄光を輝かし、

馬と戦車を

海に投げ入れた

アロンの姉っちゅうことは、モーセの姉でもあるんやな?
その通り。

そしてこのミリアムという名前、これこそが「マリア」の由来になるんだ。

ヘブライ語で「ミリアム」は、アラム語で「マリアム」、ギリシア語で「マリア」となった。

ともあれ、これにて一件落着。

みんな幸せに暮らしましたってとこか。

残念ながらそうもいかない。

エジプト人との戦いは終わったけれど、ここからさらに長い、生き残るための戦いが始まるんだ。

TOP