天使と悪魔の聖書漫談

8.王アビメレク

エピソードの総文字数=1,198文字

アビメレクという名の意味は「我が父は王である」

彼はギデオンの息子で、シケムの王になった。

ん?

「我が父は王である」って、ギデオンは王様ならへんかったやん。

ギデオンが王にならなかったのは、治めるべきは神であるから。

ゆえに彼は自分の息子も王にならないと言っていたわね。

しかしアビメレクはシケムの頭(かしら)たちにかつがれて王になった。

そして彼が最初に行ったのは、邪魔な兄弟たちの抹殺だった。

アビメレクはならず者を雇い、七十人の兄弟たちを殺した。

末の子のヨタムは隠れて生き残った。

血の粛清で始まる王か……。

これは長続きせんやろな。

なんとなくだけど三国志に登場する魏の初代皇帝、曹丕が思い浮かぶね。

彼の父は有名な魏王曹操だけれど、皇帝の地位には上らなかった。

その線引きを破った曹丕は血の粛清で政治を始めるんだ。

アビメレクの治世においてシケムの頭たちと不和が生じた。

エベドの子ガアルがシケムの頭たちを扇動し、謀反を起こさせた。

しかし彼らはアビメレクにより鎮圧され、逃げ出した。

王の素質が無かったっちゅうことやな。

シケムの頭とかいう連中も見る目が無かったんやろ。

アビメレクはシケムの町を破壊した。

民を殺し、町に塩をまいた。

王たるものが民を殺せばどうなるか。

末路が見えましてよ。

てか、何で塩まいてるん?
日本人は塩と言えばすぐに清めを連想するけどね。

ここでは荒廃と不毛の象徴的行為だよ。

エレミヤ書にもこう書いてある。

「主からその心を背ける者は呪われる」

「人の住まない塩地に住む」

ことが土地に関することであれば、塩にまみれた土地は住めない場所ってことだね。
そもそも日本人は何で塩が清めになると思うんや?
おそらく、海からの恵みが影響しているんだと思うよ。

海は食べ物に限らず、真珠や琥珀といったものまで与えてくれる素晴らしいものなんだ。

だから本当に神聖なのは海水で、塩はその代用だね。

後は食べ物の塩漬けが保存食によく使われるとかかな。

その意味でならユダヤでも「コーシェル」として用いるから、清めに近いかもね。

アビメレクによってシケムの頭たちは隠れていた地下室ごと焼かれた。

男女合わせておよそ1,000人が死んだ。

その後、アビメレクはテベツの町を占領した。

塔に立て籠もったテベツの頭たちを焼き殺そうとした。

一人の女が碾き臼の上石をアビメレクに落とし、頭蓋骨を砕いた。

好き勝手やらかした割りに、なんともしょうもない幕切れやったな。

この女ってのは何ものなんや?

聖書では彼女について他に言及されていない。

アビメレクは無名の女に殺されるという不名誉を恐れて、従者に自分を殺すよう言ったんだ。

ここまで知られてはむなしい願いでしたわね。

聖書を見れば誰もが、アビメレクは女に殺されたと記憶されるでしょう。

とどめが誰であるかはさして問題にならないわ。

この後、士師トラと士師ヤイルについて聖書では軽く触れている。

共に20年以上働いて死んだ。

TOP