天使と悪魔の聖書漫談

13.預言者イザヤの処刑

エピソードの総文字数=1,192文字

ユダ王国の攻略に失敗したアッシリア王センナケリブは息子に殺されたと言う。

そしてユダ王ヒゼキヤも死に、彼の子マナセが12歳で王位についた。

ヒゼキヤは熱心に主に仕えたけれど、マナセは真逆だ。

バアルの祭壇を築き、アシェラ像を造ってしまう。

わたくしは別に拝んでくれだなんて頼んではおりませんのよ?
神と違ってね。
マナセは自分の息子に火の中を通らせ、占いやまじないをした。
ケモシュ、またはモレクやな。

子供の生贄を求める神。

バアルとアシェラだけでは足りんか。

強欲な王やで。

そして神はぶち切れた。
主は預言者たちを通して言った。

「マナセはかつてのアモリ人よりも悪いことを行った」

「わたしはエルサレムとユダに災いをもたらす」

「人が皿を拭うように、エルサレムを拭い去る」

滅びの宣告ですわね。

それなりに長く続いたユダ王国もおしまいというわけ。

実際のところアッシリア王国は強大だ。

戦い続けるか、それとも服属するかは判断が難しい。

マナセはユダ王国を存続させるために、服属の道を選んだんだろうと思う。

けれど預言者たちはそれを良しとしなかったのさ。

互いに譲れんもんもあるやろしな。

そんで、マナセはどないしたんや?

まさか、悪役が言われっぱなしっちゅうことはないやろ?
まあね。

聖書には「罪のない者の血を大量に流し、エルサレムを端から端まで満たした」とある。

これはたぶん、マナセを糾弾した預言者たちを殺したという意味だと思う。
17世紀フランスの聖書歴史学者、ルイ・エリーズ・デュパン(Louis Ellies Dupin)

彼の著した旧約聖書の解説書、それの英訳版だね。

wooden-saw...

のこぎりで、真っ二つに?

イスラエルの伝統的な処刑方法とされる。

逆さづりにした人間を、股間からのこぎりで切り裂くんだ。

こわっ……!

イスラエルに限らず、広く西洋諸国で採用された処刑方法らしい。

しかし聖書には預言者が誰とも書かれていない。

それを処刑したとして、方法も記されていない。

書いてあるのは別の聖典、タルムード(Yevamot 49b)だよ。

そこにはマナセとイザヤの問答、処刑の顛末が書かれている。

マナセは言った。

「出エジプト記において、神は自分の顔を見て人は生きられないという」

「しかしイザヤは神の傍に行き、神を見たという」

こんな風にイザヤの正統性に疑問を投げかける。

しかしイザヤは抗わない。

何を言ったところでマナセが自分を殺すつもりであると分かっていたのだから。

マナセの従者が杉の木にイザヤを吊るし、のこぎりを引いた。

のこぎりが口にまでたどり着いた時、イザヤは死んだ。

戦いで敵を殺すんは平気やけど、処刑ってのは勘弁してほしいな。

この違いが何なのかは分からへんけど。

想像するだけで、ひぇ……って、なってまう。
マナセの行いによって、ユダ王国の滅亡は決定付けられたとされる。

と言いつつ、すぐに滅びるのではなく、あと何代か続くんだ。

TOP