天使と悪魔の聖書漫談

6.大祭司ヨヤダ

エピソードの総文字数=1,487文字

大祭司ヨヤダは聖書において勇敢で優れた人物だと評されている。

そこらに転がっている解説書のどれを見ても変わらない。

だけど僕はそれに異を唱えたい。

信仰を取り払って彼の行ったことを見てほしい。

ユダ王アハズヤがイスラエルの地でイエフに殺された。

その後、ユダの祭司ヨヤダはアハズヤの子ヨアシュを“確保”した。

そしてまだ7歳の彼を王に担ぎ、ヨアシュの祖母アタルヤを殺害した。

ユダ王ヨアシュは祭司たちに神殿の修復を命じたが、23年間放置された。

祭司たちは献金を受け取らないこと、神殿の修理に責任を負わないことに同意した。

それでどうにか神殿の修理は進んだが、“献金の一部は祭司たちのもの”となった。

ここまでは『列王記』に記されていることだ。

アタルヤが孫のヨアシュを殺そうとしたことを助けたことになっている。

そしてアタルヤは偶像崇拝者で、ヨヤダは唯一神を崇拝する祭司だ。

つまり、結局実行されなかった孫殺しの罪。

信仰の違いによってアタルヤは悪とされ、ヨヤダは正義となった。

信仰の違いか。

同じことやって、仮にヨヤダがバアル信者やとしたら。

聖書はヨヤダをボコボコに貶すはずやな。

しかしそうはならん。

ヨヤダは敬虔なる神の信徒やから。

ヨアシュの立場になってみればいっそう分かりやすい。

彼は父親を失った後、祭司ヨヤダとその妻ヨシェバに幽閉された。

ヨシェバはアハズヤの妹、つまりヨアシュの叔母にあたる。

叔母夫婦に連れ去られ、無理やり王にされ、祖母のアタルヤが殺された。

自分の政治をしようとしても、祭司たちは23年間も言うことを聞かない。

献金集めの権限を剥奪しても、どうにかして献金の一部は祭司たちに持っていかれる。

まさかサタニャエル。

あなた義憤を感じているのかしら?

まっさかー。

僕はただ、聖なるものを引き摺り下ろしたいだけさ。

なんせ悪魔だからね。

これが『歴代誌』になるとさらに顕著になる。

先にあげた献金の事例について、祭司たちの罪が軽く表現されているんだ。

ユダ王ヨアシュは祭司たちに神殿の修復を命じたが、“すぐに”取り掛からなかった。

祭司たちは献金を受け取らないこと、神殿の修理に責任を負わないことに同意した。

それでどうにか神殿の修理は進み、“残った金は王とヨヤダに”差し出された。

確かに……、微妙に違うとるな。

23年間の放置は、速やかに対応せえへんかったってことになっとるし。

献金は祭司だけやのうて王の懐にも入れられてもうた。

「23年放置した」のと「すぐに取り掛からなかった」とでは印象が大きく違いますわ。
そしてなんと。

ヨヤダは死後、エルサレムにおいて王たちとともに葬られたと書かれている。

聖書では「神と神殿のために善いことを行った」からだと言う。

彼が祭司でありながら絶大な権力を握っていたことを示す場面だと分かるね。

残ったヨアシュはこれも驚いたことに、アシェラ像に仕えた。

『列王記』にはそんなこと書かれてなくて、『歴代誌』にのみ書かれている。

遅れてきた反抗期かしらね。

ヨヤダの押さえつけが無ければ、ずっとアシェラ像を拝みたかったのかしら。

自分を殺そうとしたアタルヤと同じ信仰を求めた。

はてさて、これはいったい何事でしょう。

ヨアシュはアラム人の侵略を受けて、重傷を負った。

そしてあろうことか、家来たちが「祭司ヨヤダの子の血の故」でヨアシュを殺した。

これは彼が主を捨て、アシェラ像なんかに仕えたからだと『歴代誌』は語る。

そしてヨアシュはエルサレムに葬られた。

しかし王たちの墓には入れられなかった。

王族でもないヨヤダが王家の墓に入り、正統な王のヨアシュが入れない……。

まったく、神も仏もあったもんじゃにゃい。

TOP