天使と悪魔の聖書漫談

1.落穂拾い

エピソードの総文字数=1,437文字

とても有名な絵だね。

日本人の多くがどこかで目にしたことがあると思う。

ジャン=フランソワ・ミレーの「落穂拾い」だよ。

農村の貧困を描いたものだけどね。

『ルツ記』に基づいたものでもある。

そもそも、落穂拾いとは何ですの?
畑の刈り残しを集める作業さ。

トーラーの律法において、落穂は貧しいもののために残せと書かれている。

ルツというのは女性の名前でね。

しかもモアブ人、イスラエルにとっての外国人なんだ。

外国人?

旧約聖書やのに、ユダヤ人以外が主役になるんか。

ユダヤ教は「選民思想」的なニュアンスで語られがちだからね。

また世界宗教ではない、民族宗教の代表格だ。

そんな中で外国人が主役というのは意外に思うかもしれない。

しかし神は決してユダヤ人にとらわれるものではない。

それを示す物語として『ルツ記』は非常に重要な位置にある。

ここに世界宗教への萌芽が感じ取られるね。

モアブ人のルツはイスラエル人のマフロンと結婚した。

マフロンの弟はキルヨン、その妻をオルパと言う。(彼女もモアブ人である)

マフロンとキルヨンの母はナオミと言い、彼女の夫エリメレクはすでに他界していた。

10年ほど生活は続いたが、マフロンとキルヨンも他界し、女だけが残された。

ナオミはルツとオルパに新しい出会いを求めて去るよう促した。

二人とも泣いてナオミと共にいることを望んだが、ナオミは許さなかった。

結局、オルパはナオミに別れの口付けをした。

しかし、ルツは決してナオミから離れようとしなかった。

ナオミは説得を諦め、共にベツレヘムへと向かった。

働き手を全員失って、ほうほうの体で故郷に帰ったんか。


ルツは老いたナオミを捨てることができなかった。

彼女は落穂拾いをしてナオミの分も食糧を捜し求める。

でも、所詮は刈り残しだ。

朝から続けたところで、手に入る量はたかが知れている。

それに新参者、というのもあったと思う。

明言はされていないけれど、周囲から邪魔者扱いされていたんじゃないかな。

ルツが落穂拾いをしたのは、ボアズという者の所有する一画であった。

彼はルツが生まれ故郷を捨ててまで姑に尽くしていることを聞いていた。

ボアズはそのことに感心し、ルツにパンを振る舞い、落穂をこっそり増やすようにした。

ルツはボアズから受けた厚意をナオミに伝えた。

するとナオミはルツに、ボアズの寝るところに行って横になるよう言った。

金持ちの男に取り入ろうという魂胆ですわね。
そう見えるよね。

でもそれぞれの思いはきっと真摯なものだよ。

ナオミとしては、ルツにこれ以上苦労をかけたくない。

ルツとしては、ナオミに心配をさせたくない。

細くとも手に入れた縁にすがるんは人情やで。
そしてボアズはボアズでなかなかの紳士だった。
ボアズはルツに言った。

「わたしの娘、あなたに神様の祝福がありますように」

「老いた義理の母を見捨てない誠実さ」

「そしてその母の夫、彼の子孫を残そうとする誠実さはそれに勝る」

ボアズはルツに良縁を探すと約束した。

もし見つからなければ自分が責任をもって夫となることも約束した。

長老たちとの話し合いの結果、結局ボアズがルツを妻とすることになった。

なんやかんやでハッピーエンドで良かったわ。

今回は殺す殺されるみたいな殺伐とした雰囲気も無いし。

わたくしには少し退屈なお話でしたわ。
ルツはボアズの妻となり、オベドという男の子を産む。

そのオベドの息子がエッサイ。

そしてエッサイの息子が将来イスラエルの王となる。

彼の名はダビデ。

初代イスラエル王サウルに仕え、そのあとを継ぐ英雄さ。

TOP