天使と悪魔の聖書漫談

1.ユダの王ダビデ

エピソードの総文字数=1,092文字

イスラエル、と言ってもその勢力はバラバラだった。

古代の国家は大抵そうだけど、小国家が乱立して勢力争いをする。

そんな中、ユダ(JUDAH)の地で勢力を伸ばしたのがダビデだった。

彼はサウルとヨナタンの死後、神に導かれてユダの王になったとされる。

ユダの王になった言うて、それはイスラエルの一部って話やな。
その通り。

他の地域はサウルの子、イシュ・ボシェテの支配下にあった。

そして彼を補佐したのがサウル軍総司令官ネルの子、アブネルだった。
イシュ・ボシェテですって?
なんという滑稽なお名前かしら。

それは「恥の人」という意味でしょうに。

そうだね。

その名は実のところ、ユダ族の嫌がらせみたいなもんさ。

彼の本当の名はエシュ・バアルだと言われている。

この「バアル」というのが、異教の神バアルと重なるのさ。

ただ、ここでの「バアル」は単に「主人」とか「飼い主」という意味なんだ。

因縁浅からぬ名前やしな。

敏感になるんもしゃあないわ。

イスラエル軍とユダ軍の戦いが始まった。

イスラエル軍のアブネル、ユダ軍のヨアブが陣を敷き対峙した。

ユダ軍が優勢であったが、ヨアブの弟アサエルはアブネルに討たれた。

アサエルという名前は「神が作った」という意味になる。

優れた人物と表現されているけれど、あっさりアブネルに敗れてしまった。

戦争は勇猛果敢な奴から死んでいくんや。

功を焦ったな。

アサエルを失っても全体としてユダがイスラエルを圧倒し続けた。

イスラエルの勢力は徐々に衰えてしまう。

人間、貧すれば鈍する。

イスラエル国内でトラブルが起きた。

かつてサウルの側妻(そばめ)であったリツパとアブネルは通じていた。

父の財産である側妻に手を付けたことにイシュ・ボシェトは怒った。

それに対しアブネルは退かず、むしろイシュ・ボシェトを非難した。

アブネルはダビデに手を貸す約束をした。

そしてその条件として、ダビデは妻ミカルを返すように言った。

ミカルはもう別の男の妻になっとったやろ?

返してもらえるんか?

ダビデからイシュ・ボシェトに使者を送るんだ。

「ペリシテ人の包皮と引き換えに娶った妻ミカルを返してくれ」ってね。

ミカルは生涯「包皮と引き換えの妻」って言われるんやな。
ともあれイシュ・ボシェトはそれに応じた。

でも現在の夫パルティエルは不服だったらしい。

泣いてミカルに追いすがったんだ。

みっともない。

けれど、愛する者と引き離される悲しみは理解できましてよ。

パルティエルはアブネルに「帰れ」と言われて帰っていった。
悲しいなあ。
かくしてミカルは改めてダビデの妻となった。

アヒノアム、アビゲイル、マアカ、ハギト、アビタル、エグラ。

数多くいる妻たちの一人にね。

TOP