天使と悪魔の聖書漫談

4.敗走

エピソードの総文字数=723文字

イスラエルの子らはモーセとアロンに不平を言った。

曰く、剣で倒されるのなら、エジプトに戻った方が良いのではないか。

それに対し、ヨシュアとカレブが言った。

「偵察してきた土地は素晴らしいところだった」

「彼らは私たちの餌食に過ぎず、彼らを恐れてはならない」

しかし、イスラエルの子らは石を投げて反発した。

モーセもヨシュアも、なかなか民心をまとめきれへんな。

こんな弱い民を引き連れて戦争なんて無謀ちゃうか。

実際のところ、モーセは軍人ではない。

戦いそのものは他の若い人に頼っている。

後継者としてのヨシュアが育つまで、しばらく試行錯誤が続くんだ。
神様はイスラエルの民を疫病で滅ぼすと言った。

しかしモーセがとりなし、神様は「赦す」と言った。

しかし「赦す」のはあくまで忠実であるものだけ。

偵察に行き、悪い情報を流した者たちは疫病で死んだ。

ヨシュアとカレブのみ生き残った。

また自分とこの民を殺しとる……。

なんか慣れてきたっちゅうか、感覚マヒしてきたわ。

そもそもが過酷な環境で暮らしているからね。

そうでなくとも人は大勢死んだろうさ。

イスラエルの子らは、約束の地に進もうとした。

しかしモーセは現時点で、神様が自分たちのうちにいないことを知っていた。

それゆえ、アマレク人とカナン人に倒されると警告した。

しかし人々は構わず上って行き、そして返り討ちとなった。

大局を見ずに目先の感情で動いたら負ける。

当たり前のこっちゃな。

しかし神様がおるんやから、連戦連勝かと思っとったけどな。

かなり苦しい時期が続くやないか。

そこが聖書の魅力かもね。

ただ強い人が強いだけの物語なんて、見たって退屈だろう?

困難があり、それを乗り越える物語こそ王道さ。

可愛い子が可愛いことするだけの物語も好きやで。

TOP