天使と悪魔の聖書漫談

7.投石器の歴史

エピソードの総文字数=1,418文字

投石器……。

うちの中にある男心をくすぐる、ええ響きや。

しかしお姉さまは剣の一振りで万の大軍を蹴散らすお方。

今さらこのようなおもちゃが必要とは思われませんわ。

ちゃうねん、ビヨンデッタ。

いるとかいらんとかやのうて、これはロマンなんや。

新しい武器と新しい戦い方。

その創意工夫が何よりも美しい。

ミカちゃんは相変わらず戦いのことになると目をキラキラさせるよね。

僕みたいな平和主義者はドキドキしちゃうよ。

そんなスガシカオみたいなセリフ言わんでええ。

はよ話を進めようや。

タイトルの通りだよ。

旧約聖書において投石器とクロスボウの存在が初めて示唆されるのさ。

ヨアシュ、アマツヤに次いで王となったウジヤの治世においてね。

ウジヤは発明者の工夫により、矢や大きな石を放てる装置を造らせた。

そしてそれを塔や城壁の角の上に設置した。

ウジヤの時代は紀元前800年頃。

ただ記載がシンプルで、それが投石器やクロスボウと言えるものか確証が無い。

それに『歴代誌』が書かれたのは紀元前5世紀頃だ。

後世の人間が付けたしただけかもしれない。

そういったあれこれを度外視すれば、投石器の最古の記録と言えるだろうね。
かっこええやん。

やっぱ投石器は夢が詰まっとるな。

「投石器」と一言で言って、実は色んな形のものがある。

上の写真はおそらくマンゴネルと呼ばれる形状のものだね。

聖書の記載は「矢や大きな石を放てるようにした」と書かれている。

だからこの場合はバリスタのことを言っているんだと思う。

ええやん!

めっちゃ、かっこええ。

イスラエルのハイファ大学にある、ヘクト博物館(Hecht Museum)所蔵のものだよ。

巨大なパチンコとでも言えそうな形状だね。

投石器は他にもいくつか種類があってね。

バリスタの強化版とも言えるスプリンガルド。

形状は様々で、ねじ巻きの要領で絞った糸の反動を利用するものがある。

形状によっては複数の矢を一度に放てるというメリットがありますわね。

セッティングに少々時間がかかるのが難点かしら。

それでもバリスタより射程距離がぐっと伸びる。

遠くの敵を相手にするんなら、こっちの方がええやろな。

あと有名なのは、マンゴネルの改良版、トレビュシェット。

マンゴネルが人力なのに対して、こちらはおもりの位置エネルギーを利用したものだ。

なんだか複雑でよく分かりませんわ。
トレビュシェットは100キログラム以上の石を300メートルほど先に飛ばせたらしい。

人力のマンゴネルでは太刀打ちできない威力だね。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』でモンスターが城に攻めてくる場面がある。

そこでは投石器による戦いが繰り広げられた。

実はよく見ると使っている投石器に違いがあるんだ。

うちも観たで。

モンスター側と人間側とが投石器を撃ち合う場面あったなあ。

せやけど、投石器に違いなんかあったかな。

実はモンスター側が使っていたのはマンゴネル。

対する人間側の投石器はトレビュシェット。

性能においては人間側が圧倒していたのさ。

だから単純な投石器の撃ち合いだけなら人間の方が強かったわけだ。

そんな細かいところまで作りこんであったんか。

今さらながらすごい映画やで。

こと戦争において、投石器はなんと第一次世界大戦の初期まで使われる。

その用途は、手榴弾を敵の塹壕(trenches)に放り込むというものだ。

その名もソートレル(Sauterelle)

フランス語で「バッタ(昆虫)」という意味さ。

なんとも牧歌的なネーミングセンスやな。

TOP