天使と悪魔の聖書漫談

3.詩編(文語訳)

エピソードの総文字数=1,244文字

文語訳?

何のこっちゃ。

文語訳聖書。

文語体で書かれた聖書のことで、口語訳聖書と対をなしている。

簡単に言えば文語体は書き言葉で、口語体は話し言葉。

紙に書く文章と普段の会話が違っているということだね。

よく分かりませんわ。

どうしてその二つに違いを付ける必要がありまして?

書き言葉も話し言葉も統一すればよろしいでしょうに。

なんでかな。

変化のスピードが異なるから、というのが僕としてはしっくり来る理由だね。

話し言葉は日々変化する。

若者の言葉を老人がさっぱり理解できない、なんてよく聞く話だろう?

けれど書物はそのまま残る。

もちろん新しい書物も書かれるけれど、皆古い本を読んで勉強するのさ。

そんで書き言葉と話し言葉とにジェネレーションギャップが生まれるんやな。
書き言葉の方が古めかしいのも、そういう時間差によるものだろうね。
それで?

文語訳の詩編とやらが、どうかしまして?

今までの聖書は歴史やら律法やらが主だったけどね。

実は聖書には『詩編』『雅歌』『哀歌』と言った詩集が含まれている。

詩集の翻訳はとても難しい。

単に意味をそのまま翻訳したとして、それを美しいと思うかい?

確かに。

マイケル・ジャクソンの「Bad」の歌詞見とったんやけど。

「I'm bad」を「俺は悪(ワル)だ」に訳すんはどうか思うたわ。

かっこいいのに笑っちゃうよね。
詩集に関しては人の好みもあるだろうけれど、僕は文語訳が好きだ。

難しくて理解しづらくても、そっちの方がかっこいいからね。

『ツァラトゥストラはこう言った』よりも、

『ツァラトゥストラかく語りき』の方が素敵な響きですものね。

理解できましてよ、サタニャエル。

長い前置きになったけれど、『歴代誌』において『詩編』の一部が収録されている。

ダビデが神の櫃の奉仕者、レビ人アサフと彼の兄弟に主への感謝を歌わせる場面だ。

(文語訳)

天はよろこび地はたのしむべしもろもろの國のなかにいヘヱホバは統治たまふ

海とそのなかに盈るものとはなりどよみ田畑とその中のすべての物とはよろこぶべし

かくて林のもろもろの樹もまたヱホバの前によろこびうたはんヱホバ地をさばかんとて來りたまふ

ヱホバに感謝せよそのめぐみはふかくその憐憫はかぎりなし

(口語訳:JLB)

天は喜び、地は楽しめ。諸国の民は言え。『主が王である』と。

大海は鳴りとどろけ。野とその中にあるものは喜び躍れ。

森の木々も、主の御前で喜び歌え。主が地をさばきに来られるからだ。

主に感謝せよ。その恵みは深く、愛といつくしみは限りない。

なんとなく分かるわ。

文語訳の方が少し格調高い気ぃするな。

正直、何言うてるかよう分からんけど。
「ヱホバ」というのは神、ヤーウェのことかしら?
そうだね。

昔はそう表記したんだけれど、近代の研究によって改められたんだ。

今も好んで使う人はいるけれど、主流ではない。

ミカちゃんの言う通り、読みにくいのも確かだ。

全文をこれで読めと言われたら、倍以上の時間がかかるだろうね。

たまにかっこいいこと言いたい時は、文語訳がおすすめやな。
そういうことだね。

TOP