天使と悪魔の聖書漫談

3.ノアの箱舟

エピソードの総文字数=1,387文字

神様は人間の心が悪に傾き堕落しているのを見て思った。

「滅ぼそう」

……。
……。
え? これ、マジなん?
まあ、聖書を読むと、明らかに悪魔よりも神様の方が人間を殺してるしね。

ともあれ本当に絶滅させてしまったら、人類の始祖はアダムとエバでは無くなってしまう。

ただ一人、神様を信じて神様の教えに従っている人間だけを残そうとするんだ。

その人物がノア。

アダムの子セト、その子エノシュ……。

そしてケナン - マハラルエル - イェレド - エノク - メトシェラ - レメク

と続いてノアが生まれた。

ノアが500歳の時にセム、ハム、ヤフェトという子を授かる。

500歳のおじいちゃんか……。

頑張ったね。

神話の時代、とんでもない長寿だからね。
神様はノアに言った。

「人間を滅ぼすが、お前は箱舟を作れ。そして中にあらゆる種類の生き物を雄雌で二匹揃えて、箱舟に積み込むように」

ノアは神様に従い箱舟を作り、彼が600歳の時、洪水により大地が水底に沈んだ。

箱舟に乗れた人間はノアとその妻、息子三人とその嫁三人。

息子三人に嫁いだ嫁三人はラッキーやったな。

その嫁三人にも親族はいただろうから、やるせないけどね。
しかし神様も容赦ないな。

40日間洪水起こして、150日以上地面が見えなくなるくらい水浸しにするなんて。

洪水が起こってから150日後に水は減り始めた。

第7の月の17日に箱舟はアララトの山に着いた。

第10の月の1日に山々の頂が現れた。

その40日後にノアはカラスを放した。

カラスは地の面の水が涸れるまで出たり入ったりした。

カラスはん、何してはりますのん。
これたぶん、カラスは太陽の化身ってことなんじゃないかな。
カラスが太陽?

よう分からんのやけど。

日の出と共に現れ、日の入りと共に去るカラスは太陽と関係の深い生き物なんだよ。

日本にもヤタガラスっていう伝説上のカラスがいるでしょ。

あれは太陽の女神アマテラスの使いだから、やっぱり太陽との関係性が強いんだ。

ちなみに三本足で描かれることが多いけれど、古事記にはそんな記述無いんだよね。

「出たり入ったり」は日の出と日の入りか。

まあ、ほんまのところは分からんけど、なんやそれっぽいわな。

ノアはさらに7日待って、鳩を箱舟から放した(2回目)。

鳩は夕方に帰ってきて、オリーブの葉を口にくわえていた。

また7日待って鳩を放したが、鳩はもうノアのところに帰ってこなかった。

洪水が終わって、ようやく人の住める大地が見え始めた。

めでたしめでたしなんだけど、ノアの話はもうちょっと続くんだ。

ノアは農夫となり、ぶどう畑をつくった。

ぶどう酒を飲んで酔っ払い、ノアは裸で寝ていた。

それをノアの子ハムは見て、兄弟のセムとヤフェトに告げる。

セムとヤフェトはノアの裸を見ないようにマントをかけた。

気付いたノアはハムの子カナンにセムとヤフェトの僕になるよう呪いをかけた。

意味分からへん。

明らかに酔っ払って寝てたノアが悪いやんけ。

しかも裸を見た張本人やのうて、その子どもを呪うとか。

ここは読み解きが難しいところだね。

色々解き方はあるみたいだけれど、明確にこれってのは無いんだ。

ただ言えることは、セムはイスラエル人の祖先で、後にカナン人を征服するということ。

つまり、ここで支配の正当化が行われている?
そうかもしれない。

正当化と言うより、単なる帳尻あわせかも。

さすが悪魔。

なかなか不敬なことを言うやないか。

TOP