天使と悪魔の聖書漫談

16.イスラエル大敗

エピソードの総文字数=1,210文字

サウルから逃げるダビデは妙案を思いついた。

なんとペリシテ人に匿ってもらうことにしたんだ。

そのためにダビデはガトの王、アキシュのところに行く。

前に狂人の振りをして追い出されたところだね。

確かに敵国に逃げられたら追いかけにくいわな。

追いかけたら全面戦争に突入やで。

ダビデがガトに逃げたという報告を受けて、サウルは追跡を諦めたんだ。
にしても、ダビデはどうしてペリシテ人の中に潜り込めたのかしら。

ペリシテ人にしてみれば、ゴリアテを殺した憎い敵でしょうに。

そう考えるのが自然だね。

だからダビデは自分を信じるよう、アキシュに嘘を言うのさ。

ダビデは部下を連れ、ゲシュル人、ゲゼル人、アマレク人を襲った。

その度にアキシュに、ユダ人、エラフメエル人、カイン人を襲ったと伝えた。

アキシュはダビデがイスラエルの民を殺したと信じ、ダビデを信頼した。

実際には異国で略奪をしながら、アキシュには同胞を襲ったと説明したんだ。

同胞を殺すほどに追い詰められているのなら、アキシュが信頼するのも理解できる。

情報の裏取りもせんと信頼するとか。

ちょいと用心が足りんかったみたいやな。

ペリシテ人はシュネムに集結して陣を敷いた。

対するサウルはギルボアに陣を敷いたが、心は怯えていた。

そこで霊媒の女を尋ねて、死したサムエルの霊を呼び出した。

サムエルは主の怒りを宣告し、サウルはペリシテ人に敗れると言った。

ところ変わってサウルの場面だ。

彼はペリシテ人との戦争を前にして怖気づき、神に伺いを立てる。

けれど神は沈黙によって応じた。

藁にもすがるサウルは、霊媒師を呼んでサムエルの霊を呼び出したのさ。

喧嘩別れみたいになっとったけど、サウルはサムエルを頼りたかってんな。
せやけど出てきたサムエルにやんや言われて凹んでもうた。

サウルが段々落ちぶれていく感じするわ。

王とは孤独なものなのです。
ペリシテ人は全軍をアフェクに集結させた。

その中にはアキシュもおり、彼に続く形でダビデもいた。

アキシュはダビデを信頼していたが、他のペリシテ人はそうではなかった。

ダビデ、敵側におるやんけ。
このままだと同士討ちになる。

けれど結果的にそうはならなかった。

ペリシテ人たちがダビデの裏切りを恐れたためにね。

ペリシテ人の司令官はダビデを帰すようにアキシュに言った。

アキシュは「正しい人」と評価しながら、ダビデに帰るよう伝えた。

なんとか同士討ちは避けられたんやな。

良かった良かった。

イスラエルの兵たちは敗れた。

サウルの息子ヨナタン、アビナタブ、マルキ・シュアも討ち取られた。

サウルは観念し、自分の剣に身を伏せて自害した。


ペリシテ人はサウルの武具をアシュトレトの神殿に納め、

遺体はベト・シャンの城壁にさらした。

ヨナタン死んでもうたんか。

ダビデは悲しむやろな。

戦争ですもの。

いたし方ありません。

サウルとヨナタンの死はダビデにとって悲しむべきことだった。
しかし同時に、自身の勢力を拡大する絶好の機会ともなった。

TOP