22.ヨナタン・アフス謀殺

エピソード文字数 1,749文字

デメトリオス2世ニカトルとの対立をヨナタンは好機と見た。

ローマやスパルタに親書を送り、同盟関係を強化した。

ニカトル配下の将軍たちと対峙しつつ、エルサレムの防御力を強化した。

なかなか順調な政治を行っているように思えるね。

せやなあ。

こつこつ力を付けていくんも大事やしな。

トリュフォンはアジアの王となり、アンティオコス王に手を下そうと企てた。

しかしヨナタンがこれを見逃さずに戦いを挑んでくることを恐れた。

それゆえにまずヨナタンを捕らえて殺そうと謀った。

野心家ばかりでけっこうですこと。
アンティオコス6世ディオニュソス。

彼を殺そうとするからと言って、ヨナタンが戦いを仕掛けるというのも不思議だね。

いったいどういう理屈でヨナタンがそんな危険を冒すと考えるのか。

そらもちろん、義侠の心やで。
違うと思うけど……。

そういう演出ではあるかも。

トリュフォンは進軍してベトシャンにやって来た。

ヨナタンもまた4万の兵を率いて来た。

トリュフォンはヨナタンと戦うことを恐れた。

シリアの権力者を恐れさせるほどに強うなったんか?

偉いもんやなあ。

トリュフォンは正攻法で戦うことをやめ、謀略によって殺すことにした。

ヨナタンに贈り物を与えて友好関係を示し、一緒にプトレマイスに行こうと言った。

そんなデートに誘うみたいなノリでヨナタンに大軍を帰させたんだ。

アホくさ。

そんな甘言に惑わされるバカがいまして?

ヨナタンはあっさり信じた。

それで軍隊を帰らせてしまった。

ヨナタン、けっこうピュアなとこあったんやな。
ヨナタンがプトレマイスに入ると、人々は門を閉ざした。

そしてヨナタンを捕らえ、彼が伴ってきた手勢を皆殺しにした。

ヨナタンの手勢は謀略により殺されて、彼自身は捕虜の身となった。

「謀略」と呼ぶには、いささかシンプルな方法ではあるけどね。

トリュフォンは出陣し、ヨナタンが帰した兵たちを追撃した。

幸いにもこの兵たちはヨナタンの状況を知り、密集隊形でうまく退却したという。

大勢の兵が生き延びてくれたんは助かったな。

せやけどヨナタンがおらんくなって、指導者はどないするんやろ。

ちょくちょく登場していた人物が上に立つことになった。

彼の名はシモン・タシ。

ユダ・マカバイとヨナタン・アフスの兄であり、後のハスモン朝最初の統治者だ。

マタティアの子供やな。

『マカバイ記』言うけれど、実際は『マカバイ・アフス・タシ記』ってとこか。

トリュフォンはシモンにヨナタンと引き換えの人質と身代金を要求した。

シモンはこれを飲んだけれどトリュフォンは約束を違えてヨナタンを殺した。

シモンは人を遣わしてヨナタンの遺骨を取り戻した。

そして先祖の町モデインに葬った。

また、父母と自身を含む兄弟のため7つのピラミッドを築いた。

実はこのピラミッド、近年になって発掘されている。
楽しそうやけど。

この瓦礫の山がピラミッドなんか?

画像は以下、2015年の記事からだよ。

「Long-Lost Tomb of Jewish 'Maccabee' Rebels Possibly Found」

Archaeologists among the stones at Horbat Ha-Gardi, 

which may hold the ruins of the Tomb of the Maccabees.

Credit: Israel Antiquities Authority

記事ではピラミッド状の形で、歴史的な記述の通りだと言っているね。

(以下、参照)

The discoverers declared that the ruins matched the historical descriptions of the tomb of the Maccabee rulers, according to the Israel Antiquities Authority. That tomb was said to overlook the sea and to bear pyramid-shaped roofs.

よくもまあ、あんなものから、そんなことが分かりますこと。
ともあれ、エルサレムは正念場ですわね。

ユダ・マカバイ、ヨナタン・アフス。

優秀な兄弟を失い、シモン・タシはどこまで戦えるのか。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

【ミカ】(性別:無性 時々 男性)

神様の命令で人々を見守ることになった大天使ミカエル。サタニャエルくんに色々教えてもらう生徒役。ただ何も知らないお馬鹿ではなく、それなりに常識人。特に戦争に関することはなかなか詳しい。無意味な殺戮は嫌うが、戦争そのものは悪と見做さない。ビヨンデッタの作った「ケーキ」にトラウマがある。


(うんちく)

その名は「神に似たるものは誰か」という意味を持つ。ミカエルはMa-Ha-Elと分解され、「偉大なる神」の意味ともされる。天軍の総帥であり、右手に剣を持った姿で描かれる。


聖書において天使の翼に関する記述は無い。その造形はギリシア神話における勝利の女神ニケ(Nike)が由来であると考えられている。


ミカエル、最大の見せ場は新約聖書『ヨハネの黙示録』12である。そこには以下のような記載がある。

「かくて天に戰爭おこれり、ミカエル及びその使たち龍とたたかふ。龍もその使たちも之と戰ひしが、勝つこと能はず、天には、はや其の居る所なかりき。かの大なる龍、すなわち惡魔と呼ばれ、サタンと呼ばれたる全世界をまどはす古き蛇は落され、地に落され、その使たちも共に落されたり。」

おそらくは翼の生えた勝利の女神と、戦争における戦士の姿とが融合され、現代におけるミカエルのイメージを形作ったのであろう。

【サタニャエル】(性別:???)

ミカちゃん一人だと心配なので付いて来た。色んなことに詳しい黒猫。「サタニャエル」を名乗っているが、悪魔サタナエルと同一視されるかは謎。ビヨンデッタから「サマエル」と呼ばれてもおり、そうであれば楽園でイヴを誘惑した蛇であるとも言える。非常に好奇心旺盛で勉強熱心。たまに悪魔っぽいが、基本的には常識的。


(うんちく)

「猫に九生有り」のことわざは、高いところから落ちてもうまく着地してしぶとく生き残る、タフさから来ていると考えられる。何故「九生」なのかは定説は無いが、エジプト神話の猫頭の女神バステトが九つの魂を持っていたことに由来するのではないか、と言われる。そのようにしぶとい猫を殺すには「好奇心」が効果的であるとことわざは言う(「好奇心は猫を殺す」)。つまり人に知恵を与えたサマエルが、その罪によって神の罰を受けることの暗示として、サタニャエルというキャラクタは造られている。


サマエルは「神の悪意」という意味を持つ。12枚の翼を持つことから、堕天使ルシファーとも同一視される。

【ビヨンデッタ】(性別:男性 or 女性)

ミカを「お姉さま」と慕う悪魔の少女。その正体はソロモン72柱序列第1位ともされる魔王ベルゼブブ。ニーチェを好み、強き者が強くある世界こそが最も美しいと考えている。人間を「草」と呼び、その愚鈍さを嘲笑する。


(うんちく)

作中にあるように、ベルゼブブの由来はウガリット神話における豊穣の神バアル・ゼブル。バアルの信仰は旧約聖書において偶像崇拝として忌み嫌われ、度々敵対した。バアル・ゼブルをバアル・ゼブブと読み替えることで、その意味を「気高き主」から「蠅の王」へと貶めた。


「ビヨンデッタ」の名前は幻想小説の父J・カゾットの『悪魔の恋』に由来する。主人公のアルヴァーレは知的好奇心により悪魔ベルゼブブを呼び寄せ、そのベルゼブブは「ビヨンデット」という名の少年として彼に仕えた。やがて「ビヨンデット」は「ビヨンデッタ」という少女となり、アルヴァーレに強く愛を語る。そしてアルヴァーレは苦悩の末にビヨンデッタを愛してしまう。あまりにあっけない結末についてはここで語らない。


ウィリアム・ゴールディングの『蠅の王』は死の象徴として蠅が描かれる。また、理性を凌駕する闘争心は豚の首として表れた。作中でビヨンデッタが豚肉を好んでいるのも、そうした背景による。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色