天使と悪魔の聖書漫談

15.美女アビゲイル

エピソードの総文字数=1,025文字

そう言えば、ダビデの嫁さんはどないなったんやろ。

うちに名前似とったからな。

気になるんよ。

ああ。

彼女ならとっくに他の男に嫁いだよ。

な、なんやて。
サウルが彼女をパルティという男に与えたんだ。

王として娘を遊ばせておく手は無いからね。

女を道具か何かかと思っているのかしら。
僕らの価値観でどうこう言うのも良くないよ。

娘の嫁ぎ先を用意するのは親の務めなのさ。

サムエルは死んだ。

イスラエルの民はその死を悼み、サムエルをラマに埋葬した。

えらい、唐突やんけ。

もうちょっと死ぬ前に神様の言葉とか無かったんか。

ちゅうか、『サムエル記』やのに、ええんか?

ここまだ上巻で、下巻まであるやん。

まあ、後でちょろっと登場するから。
マオンにアビゲイルという聡明で美しい女性がいた。

彼女にはナバルという夫がいたが、彼は行状の悪い男だった。

ダビデはナバルに使者を送り、自分たちに物資を差し出すように言った。

彼としては、ナバルに属する羊飼いたちの安全を守ってきたというのだ。

ダビデ、ちんぴらやな。

守ってやっとんのやから誠意見せろ言うんやろ?

聖書ではもう少し丁寧な表現だけどね。

まあ、その通りだよ。

わたくしならば追い払うところですわ。
なんと、ナバルはそうしたのさ。

ビヨンデッタが言うように、ダビデの使者を追い払った。

しかもダビデを脱走奴隷に喩えてね。

ちんぴらのダビデは怒るやろな。
ダビデは部下に剣を持つように命じた。

ナバルに罰を与えるためである。

夫の無礼を聞いたアビゲイルは、食糧や家畜といった物資を集めてダビデの元に来た。

17世紀スペインの画家、ファン・アントニオ・デ・フリアシ・エスカランテによる。

見ての通り、左がダビデで右がアビゲイルだね。

おいしそうな羊たちですこと。
アビゲイルは夫ナバルのことを悪し様に言い、ダビデに慈悲を求めた。

ダビデはそれに応えて、手を引くことにした。

そうとは知らなかったのがナバルだ。

彼はダビデが逃げ帰ったとでも思ったのか、酒宴を開いてひどく酔った。

朝になってナバルの酔いが冷めたタイミングで、アビゲイルが事の次第を伝えた。

するとナバルはショックで固まり、十日後に死んでしまう。

ろくでもない男がしょうもない死に方をした。

金持ちで美人の嫁さん持ってても、愛想尽かされとったんやろな。

その後、ダビデはアビゲイルを妻として迎えに行く。
へえ。

やるやん。

実はその前に、イズレエルのアヒノアムという女性も娶っていた。

だからアビゲイルは3人目の妻ということになる。

いつの間に。

TOP