天使と悪魔の聖書漫談

5.民の反逆

エピソードの総文字数=1,414文字

コラは集会で選ばれた指導者たちと共に、モーセとアロンに反逆した。

「あなたたちは分を超えている。なぜ神様の集会の上に立つのか」

戦争で負けたら求心力はがた落ちや。

それがたとえ、当人のせいやのうてもな。

そもそもモーセ自身は預言者に過ぎないからね。

神様の声を聞いて、それを民に伝える仲介役さ。

モーセ自身の力を評価していない人にすれば、何を偉そうにと反発したくもなる。
ダタンとアビラムもモーセに反逆した。

約束した土地を与えず荒れ野に連れて来たことへの不平。

そして神様の預言者として人の上に君臨しようとすることへの不信。

そうしたことを語り、約束の地について行くことを拒否した。

ひとり、またひとりと離れていく。

これはもうジリ貧やな。

反逆者の思うままにすると、よけいに民をまとめられなくなる。

そうしたらカナンの地どころじゃない。

だからここは強硬手段に出るしかなかった。

神様がモーセとアロンに言った。

「彼らを滅ぼす」

モーセとアロンはひれ伏して言った。

「あなたは一人が罪を犯すと、全会衆に怒りを下されるのですか」

神様、人を滅ぼしたくてうずうずしとるやろ。

洪水起こしてがらがらぽん、したいんやろなあ。

そう何度も滅ぼされて、一からやり直しなんてかなわないからね。

モーセとアロンのとりなしで、滅ぼすのは諦めてもらった。

でも、見せしめは必要なんだ。

大地は口を開けて、コラに属する者、持ち物全てを呑み込んだ。

彼らに属する物はすべて、生きながら陰府(よみ)に落ちた。

反逆者には死を。

厳しい時代の定めやな。

イスラエルの子ら、全会衆はモーセとアロンに不平を言った。

「あなたたちは神様の民を殺した」

神様はモーセに告げた。

「わたしは彼らをただちに滅ぼし尽くす」

神……。
そしてすぐに疫病が発生する。

神様の怒りによって起きたことだね。

モーセとアロンはそれを食い止めようと、贖(あがな)いの儀式を始める。

それで疫病はおさまるのだけれど、14,700人もの死者が出てしまった。

イスラエルの子らはモーセにこう言った。

「わたしたちは死に絶えてしまいます」

「わたしたちはみな、滅んでしまいます」

いよいよ追い詰められて、不平言うてる場合でもないわな。

不平やのうて、嘆きやでこれは。

イスラエルの子らはツィンの荒れ野に着き、民はカデシュに留まった。

ミリアムはそこで死に、その地に葬られた。

モーセとアロンの姉、ミリアムがここで死ぬ。

聖書には書かれていないけれど、モーセとアロンはきっと悲しんだろうね。

そしてその悲しみがきっと、モーセに心の弱さをもたらした。

それはモーセすらも神を疑ってしまうという弱さだった。

水を求める民の声に応じてモーセとアロンは神の言葉を聞いた。

「岩に命じて水を出させよ」

モーセは集会を岩の前に召集して言った。

「反逆する者たちよ聞け。わたしたちはこの岩から水を湧き出させることができる」

モーセは杖で岩を二度打った。

すると水が豊かに出てきた。

神様はモーセとアロンに告げた。

「お前たちは私を信じようとしなかった」

いやいや、ちゃんと言われた通りにやったやん。

何がご不満やねん。

厳密には言われた通りにやらなかったんだ。

神様は“岩に”命じろと言った。

けれどモーセは民に声をかけてしまった。

そして一度ではなく二度も岩を叩いた。

一度では心もとないという不安の表れだったのさ。

めちゃくちゃ厳しいな。

災難と奇跡によって反逆はおさまるわけだ。

実際、「それどころじゃない」という感じがするね。

TOP