天使と悪魔の聖書漫談

4.サタンの誘惑

エピソードの総文字数=1,462文字

『歴代誌』において「サタン」の名が初めて登場する。

そのサタンはダビデを誘惑するんだ。

へえ。

どないなことを誘惑したんや?

人口調査、やらないか……?
……。
それはまた。

とても大胆な誘惑ですこと。

ダビデは総司令官ヨアブの反対を振り切って人口調査を行ってしまう。

そしてそれは神の怒りに触れることになってしまった。

いやいや、それもなんでやねん。

てか、人口調査は罪なんか?

人口調査それ自体は罪じゃない。

実際、旧約聖書では多くの場面で人口調査が行われている。

では、なにゆえに神は怒るのでしょう。
分からない。
そうか。

サタニャエルくんでも分からんか。

それっぽい説明は沢山見かけるよ。

神に任せるのではなく、自らの力で戦力を測ろうとしたのが罪だったとか。

神の指示もなく人口調査をしたからだ、とかね。

でも、明確な根拠が無い。

はっきりと「勝手に人口調査をしてはいけない」と書かれているわけではないんだ。

これはサタンの誘惑なのでしょう?

であれば、その誘惑に負けたことが罪なのではなくって?

しかし実は『サムエル記』の同じ場面では、

なんと神の指示によって人口調査をしたということになっている。

はあ?

自分でやれ言うといて、やったら怒るとか、どんな我侭っ子やねん。

このわけの分からない状況について、ユダヤ人たちは必死に悩んだろうね。

タルムード(Berakhot 62b)にその理由について書かれていた。

曰く、ダビデは「あがない金」のことを忘れてしまった、と。

あがない金?
『出エジプト記』に人口調査についてのルールが書かれているんだ。

登録の際に各々が金銭を支払わなければならないとね。

それが「あがない金」だよ。

登録料みたいなもんか。
学者のラシや、ラームバーン(Ramban)も同様の説明をしているらしい。

けれどバハヤ・ベン・アシャー(Bahya ben Asher)は少し違った解釈だ。

彼は先に挙げた「勝手に人口調査をしてはいけない」の意見を述べている。

その根拠もまた『出エジプト記』の同じ箇所。

そこで各々が金を払うということは、各人が神と契約を結ぶことになる。

それほど重大な行為を、それほどの理由もなく行ってはいけないと言う。

それはちょっと無理な気ぃするな。

ほんまに何の理由も無しに人口調査はせえへんやろ。

基本は軍事力の把握やで。

まさにそれこそが神の怒りに触れた……

などという意見もあれば、堂々巡りの様相ですわ。

実は人口調査そのものを危険視していた、という説がある。

人や牛を数えることが死を招くという迷信があったらしい。

タルムード(Pesachim64b)にそれを示唆する話が書かれている。

王アグリッパがユダヤ人を数える時、過越し祭りの羊肉を数えたというんだ。

羊一頭で10人以上のユダヤ人、と言う風に間接的にユダヤ人を数えていた。

数えられると死ぬ、みたいな恐怖があったんやろかな。
この迷信と「あがない金」が組み合わさると一つの推測が立つ。

そもそも人口調査は危険な行為だと思われていた。

だから、危急の時でもなければ実施したくないものなんだ。

そのように考えれば、ヨアブが反対した理由も納得できますわね。
そしてダビデは本来慎重に行うべき人口調査で、何かしらのミスを犯した。

それはおそらく「あがない金」に関することだったろうと考えられる。

支払いも年齢や保有資産によってまちまちで、覚えていても間違える可能性はある。

そのせいで神様が怒ってしもうたんやな。
あくまで聖書やタルムード、複数の資料を組み合わせた推測ではある。

けれど今のところ、これが一番妥当な線なんじゃないかな。

TOP