天使と悪魔の聖書漫談

9.邪神たちの起源

エピソードの総文字数=1,148文字

イスラエルの子らはまた神様の目に悪と思われることを行った。

彼らはバアル、アシュトレト、アラム人の神々、シドン人の神々、

モアブ人の神々、アンモンの子らの神々、ペリシテ人の神々に仕えた。

神様は怒り、イスラエルの子らはアンモンの子らに支配された。

邪教の神のオンパレードやないか。
バアルとアシュトレトは常連さんだね。
人気者は忙しいこと。
アラム人の神々というのはたぶん、メソポタミアの神々だと思う。

有名どころで月の神ナンナ、太陽の神シャマシュ。

そしてナンナの娘でシャマシュの妹、愛の神イナンナ(イシュタル)

彼女はローマ神話のヴィーナスとも同一視されるね。

日本でも人気の神様おるやんけ。

そいつら全部敵に回そうとか、なかなか根性あるなあ。

シドン人もバアルを崇拝したけれど、守護神エシュムンがいる。

エシュムンはアシュトレトと類似した女神だと言われているね。

モアブ人の主神はケモシュ。

メシャ碑文に「ケモシュはマリクである」と書かれている。

マリクとはすなわち王のこと。

アンモン人の神はモレク。

以前紹介した、子供を生贄に捧げる神だね。

ペリシテ人もバアルとアシュトレトを崇拝した。

けれど彼らを特徴付ける神はダゴン。

ダゴンは「穀物」を意味する言葉で豊穣の神なんだ。

ぎょうさんおるなあ。

そんなん覚え切れへんで。

せやけど、ダゴンってなんか海の神様とかやなかった?

どっかでそんな話を聞いたような。

さすがだねミカちゃん。

その通りで、ダゴンは長らく海神とされてきたんだ。

ミルトンの『失楽園』でも「海の怪物」扱いになっている。

架空神話のクトゥルフにおいても半漁人たちが崇める神でしたわね。

ダゴン秘密教団なんてものが組織されているのだとか。

これはヘブライ語のダグ(魚)と混同されたための誤解だった。

それを最初、1928年に指摘したのはハルトムート・シュメーケル。

ドイツ人のアッシリア及び聖書批評学者だよ。

ルプレヒト・カール大学ハイデルベルクから『Der Gott Dagan』という本を出している。

つまりあれか。

長い長い誤解の末に、誤解を起源にした物語も生まれたってことなんやな。

下手すると色んなもんをひっくり返しそうやな。

大丈夫なんか?

仮に起源が間違っていたとしても、そんなのはたいした問題じゃないのさ。

クトゥルフだってたまたまダゴンを選んだだけで、別のものを使っても構わない。

悪魔を示す666という獣の数字は有名だけれど、あれは616が正しいとする説がある。
その説が出た時、悪魔崇拝者はこう言ったらしい。

「たとえ616が真実であったとしても、長く人々を恐怖させた数字は666である」と。

それもそうですわね。
それにしても、こんだけぎょうさん神様がおったら目移りするのも分かるなあ。

楽しそうで、ええやん。

お姉さま。

浮気はご法度ですのよ。

TOP