天使と悪魔の聖書漫談

10.ダビデとゴリアテ

エピソードの総文字数=1,213文字

ペリシテ人は戦いのために軍を集結させた。

イスラエル人もまた抗戦のために戦列を敷いた。

ペリシテ人の陣営からゴリアテという名の屈強な戦士が現れた。

彼は一騎打ちを申し出たが、イスラエル人たちは恐れおののいた。

ゴリアテってあれやん。

『天空の城ラピュタ』に出てきた飛行戦艦。

その名の由来が彼、ペリシテ人の戦士ゴリアテなのさ。
身長がおよそ2メートルあり、数十キログラムの鎧を身にまとい。

そして7キログラム近い鉄の槍を振り回す大男だという。

そんなのが出てきて一騎打ちとか言われても困るよね。

僕なら遠くから矢で殺すかな。

そうね。

わたくしなら、岩でも放り投げておくところかしら。

むさくるしい男は好みではありませんの。
その頃ダビデは父の羊を世話するため、実家と宮廷を行き来していた。

ゴリアテは四十日にわたり、朝夕出てきては挑発を繰り返した。

ダビデはサウルに会って、自分が戦うと述べた。

サウルは若輩のダビデには無理だと言ったが、ダビデはこのように返した。

「獅子や熊が羊を奪ったとき、それを殺して羊を救い出したことがあります」

彼は主の助けにより獅子や熊の爪から逃れ、それを撃退したと言った。

獅子や熊にも負けないと主張し、ダビデはサウルの許しを得た。

そしてサウルはダビデに鎧兜と剣を与えたんだ。

だけどダビデはそれらを「慣れていない」と言って脱ぎ捨てた。

彼は自分の杖と五つの石を持って、ゴリアテに立ち向かう。

身の丈にあわん武器やのうて、使い慣れたもんで対処する。

大事なことやな。

ダビデは若く、美しかった。

それゆえゴリアテは彼を甘く見た。

ダビデは石投げでゴリアテの眉間を撃ち倒した。

そしてゴリアテの剣によってその首をはねた。

その美貌を武器とした例で言えば、記紀神話のヤマトタケルが有名だね。

彼の場合は敵のクマソタケルを油断させるため、女装して近づいて殺した。

古事記にはクマソタケルが「見感其孃子(そのおみなにかなひ)」とある。

なかなかの美少女ぶりだったろうね。

勝つために、あらゆるものを武器にする。

当然のことですわ。

どうやって勝つかは先々に影響もあるし。

なんでもかんでも許されるわけちゃうけどな。

とは言え、この対決は圧倒的不利に見える状態からの逆転劇。

油断とか飛び道具とか、そんなん吹っ飛ぶくらいのシチュエーションやろ。

この場面をベースに、欧米では「ダビデとゴリアテ」が慣用句になっている。

その意味は大番狂わせ。

ゴリアテを「かませ犬」とみなした表現だよ。

スポーツで金星のことをジャイアント・キリングと言うだろう?

ダビデとゴリアテの物語はその言葉の由来とも言えるんだ。

直接的には『ジャック・ザ・ジャイアント・キラー』という童話が影響しているのでしょうけれどね。
ゴリアテを倒したことでイスラエル軍は勢いづいた。

ペリシテ人に勝利し、敵の陣営を略奪する。

そしてダビデはゴリアテの首をエルサレムに持ち帰った。
ダビデは勝利への貢献度がダントツやな。

出世待ったなしやで。

TOP