天使と悪魔の聖書漫談

4.エリシャの奇跡

エピソードの総文字数=1,427文字

預言者のエリシャはエリヤ同様……。

いや、それ以上に多くの奇跡を起こしていく。

エリコの町で行った水源の浄化はその一つに過ぎない。

例えばシュネム人の裕福な夫人に起こした奇跡がある。

その夫人は裕福ではあっても、夫は年を取って子を授かることがなかった。

そこでエリシャは彼女に男の子を授かるという預言を与えた。

すると1年後にその通りになったんだ。

子は神の授かりもんやからな。

預言者に口添えしてもろたら一発やで。

しかし子供がある程度成長すると、突然の頭痛を訴えて死んでしまう。
くも膜下出血、とかやろか。

せっかく授かった子宝やのに、かわいそうやな。

これは奇跡の物語だよ?

生き返るに決まっているじゃないか。

エリヤが起こした奇跡にそっくりね。

あの時は栄養失調の子を生き返らせましたわ。

エリシャが主に祈ると、子供は7回くしゃみをして目を開く。

この絵はまさに子供が目を開いた直後だ。

母親の喜ぶ顔が見えるね。

ちなみに描いたのはベンジャミン・ウエスト。

イギリス領ペンシルバニア植民地生まれの歴史画家だよ。

イギリス領ペンシルバニア植民地?

どこやそれ。

アメリカ、ペンシルバニア州のことですわ、お姉さま。

位置はニューヨーク州の真下にありましてよ。

この他の奇跡も見てみよう。

ナアマンという、アラム軍の司令官に起きた奇跡がある。

せやけど、アラムはイスラエルとは敵対関係やったやろ?

唯一の神様を信仰しとる国でもないし。

そもそもイスラエル王ヨラムだって神を正しく信仰しているわけじゃない。

アハブほど熱心ではなくとも、異教の神を崇めてたろうさ。

アラム王の軍司令官ナアマンは重い皮膚病を患っていた。

サマリアの預言者エリシャならば治せるという噂を聞き、

王の許しを得てエリシャを訪ねることにした。

アラムの王はイスラエルの王にその旨手紙を書いた。

イスラエル王ヨラムは、言いがかりをつけるための策だと考えた。

それゆえ衣を引き裂くほどに怒り拒絶しようとしたが、エリシャがそれを咎めた。

分からんでもない。

仮にエリシャが奇跡を起こせへんかったら、イスラエルの面目が立たへん。

王ヨラムはそれを警戒したんだね。

でもエリシャは気にせずナアマンに会わせろと言ったんだ。

エリシャはナアマンにヨルダン川で7回身を清めよと言った。

ナアマンはもっと分かりやすい奇跡を期待したが、渋々言う通りにした。

すると彼の身体は元通り綺麗になった。

また7回か。

好きやなあ、その数字。

ナアマンはエリシャに大いに感謝した。

彼の心は完全に主に靡いていた。

しかし彼はアラムの軍人だ。

彼の王に従って、主以外の神に礼拝しなければならない。

ナアマンはエリシャにそのことを告げて許しを請うた。

そんで、エリシャは何て言うたんや?
安心して行きなさい。

形式的な礼拝を行ったとしても、内心の信仰が保たれていれば良いということだね。

オランダ黄金時代の画家、ピーター・デ・グレバー。

フランス・ピーター・デ・グレバーの長男。

真ん中の男はナアマンで、お礼の贈り物をしたいと言っている場面だね。

そんで右がエリシャか。

きちんとはげとるな。

そしてたぶんだけれど、一番右にいるのはエリシャの従者ゲハジ。

彼はエリシャが贈り物を断ったのを見て、もったいないと思った。

そして後からこっそりナアマンに金銭を要求したんだ。

はしたない。
その行為はエリシャにばれた。

そしてゲハジとその子孫は重い皮膚病にかかり続けるという呪いにかかってしまう。

自分の従者にも変わらず厳しく接する。

まあ、公平やわな。

TOP