天使と悪魔の聖書漫談

15.補遺

エピソードの総文字数=1,291文字

サムソンの死で士師たちの物語はひとまず終わり。

最後の士師サムエルについては別途『サムエル記』で語られる。

けれど『士師記』には補遺が付いて、もう少し話が続くんだ。

「補遺」は書き漏らしを後から補うという意味だね。

わたくし、ゲームやっててもサブクエストってあまり楽しめないのよね。

さっさと本筋を進めてしまいたくなるの。

まあ、軽く触れておくだけさ。

まず最初はミカエフという青年の話だ。

聖書では主に「ミカ」と省略形で語られる。

他人とは思えんな。

天使ちゃうから、うちとは直で関係あるわけちゃうんやろけど。

彼はあろうことか銀で偶像を作ってしまう。

しかし彼自身は神を誠実に崇拝していた。

だから神が彼に罰を下すことは無かった。

ルールがよう分かってへんかってんな。

姦淫しとるわけでもないし、そんなひどい目に遭わせんでもってことか。

しかしそこにダン族がやって来た。

彼らは敬虔な信者だから、偶像崇拝は許せない。

ミカから偶像を含む祭祀の道具を全て奪い去った。

『創世記』にて「ダンは自分の民を裁く」と言われたのでしょう?

まさにその通りの行いをしていますわね。

よく勉強しているね。

その部分は英語では「Dan shall achieve justice to Israel」

「ダンはイスラエルの民に正義をなす」とも訳されるところなんだ。

これが補遺の一つ目。

もう一つ補遺があって、それはベニヤミン族に関するものだ。

ベニヤミン言うたらあれやな。

『創世記』でヨセフが大事にしとった弟のことやろ。

側妻(そばめ)を連れたレビ人がベニヤミンのギブアに訪れ、老人の家に泊まった。

彼がくつろいでいると、町のならず者が家を取り囲み言った。

「お前の家に来た男を出せ。あの男とセッ○スがしたい」

老人は処女の娘と、レビ人の側妻(そばめ)を差し出した。

彼らは夜通し彼女に暴行を加え、朝になって解放した。

……。
滅ぼすしかないな。
わたくしにお任せください。
まるで『創世記』で滅ぼされたソドムのようだね。

違いは、女がいいようにされてしまったこと。

この側妻(そばめ)は主人の元に帰るも、そのまま死んでしまう。

レビ人は側妻(そばめ)の体を12の部分に切り分けた。

そしてイスラエルの全ての領域に送った。

イスラエルの子らはレビ人の話を聞き、ベニヤミン族を攻めることにした。

ベニヤミン族は多勢に無勢で民族滅亡の危機に陥る。

最終的にイスラエル全体で「滅亡させるのはよくない」となって和解した。

そして『士師記』は最後にこう締める。

「そのころ、イスラエルには王がなく、各々、自分の目によしとすることを行っていた」
まとめる者がおらんから、みんな好き勝手。

そんで世の中ぐちゃぐちゃになってるんやでってことかな。

それこそわたくしの好むところ。

混沌の世ですわね。

イスラエル最初の王はサウル。

最後の士師サムエルが彼を立てる。

なるほど。

王がおらんくて困っとるっちゅうのが伏線になるんやな。

そうかもしれないね。

ただ、この次には短いながら『ルツ記』がはさまれている。

『ルツ記』はヘブライ語短編物語の珠玉とされているんだ。

まずはそこから見てみよう。

その後に『サムエル記』が始まる。

TOP