天使と悪魔の聖書漫談

9.アーメン

エピソードの総文字数=926文字

よく聞くけれど「アーメン」ってどういう意味かしら?
ヘブライ語で「たしかに」という意味だね。

もったいぶった言い方で「かくあれかし」という風になる。

かくあれかし。

カルロ・ゼンの『幼女戦記』で主人公のターニャも使った言葉さ。

神を自称する存在Xを恨む彼女なりの皮肉めいた表現だったのかもね。

神を恐れぬ気高き幼女。

一度、お会いしてみたいわね。

「アーメン」という言葉の初出は『民数記』なんだ。

浮気の疑惑を持たれた妻に呪いをかけ、疑惑が真なら妻の腹は膨れ、足はやせ衰える。

その時に妻が「アーメン、アーメン」と言う。

エジプトの神じゃない。

こいつが、どうかして?

真ん中の一番偉いのがアメン・ラー。

太陽神ラーとテーベの守護神アメンが融合した神様だよ。

彼の名前が「アーメン」の語源なんじゃないかって言う人がいる。

言われてみると確かに似ているわね。
とは言え、『申命記』において「アーメンと言え」と語る場面がある。

唯一の神で、他の神々に浮気することを拒む神が、他の神を呼ばせるのは不自然だ。

だから、普通に考えればアメン・ラーと「アーメン」は関係無いと思うよ。
ラーメンとスパゲッティモンスター程度には近いかもしれなくってよ。
偶像を造るもの、持つものは呪われる。民はみな「アーメン」と言え。

隣人との境界線を動かすものは呪われる。民はみな「アーメン」と言え。

盲目の人を迷わせる者は呪われる。民はみな「アーメン」と言え。

在留する他国民の権利を侵す者は呪われる。民はみな「アーメン」と言え。

獣と交わる者は呪われる。民はみな「アーメン」と言え。

姉または妹と寝る者は呪われる。民はみな「アーメン」と言え。

義母と寝る者は呪われる。民はみな「アーメン」と言え。

密かに隣人を殺す者は呪われる。民はみな「アーメン」と言え。

無実の者の血を流す者は呪われる。民はみな「アーメン」と言え。

この律法を守らない者は呪われる。民はみな「アーメン」と言え。

「アーメン」だと神秘的な響きだけれど。

実際には「たしかに」って意味でしょう?

要は神の言うことに同意しろっていう、脅迫じゃない。

まあ、そうだね。

「アーメン」は「真実」とか「真理」と訳す方が適している場合もある。

神の言葉は正しいと表明する、信仰の告白でもあるね。

TOP