天使と悪魔の聖書漫談

5.モーセとアロン

エピソードの総文字数=904文字

神様がアロンに告げた。

「荒れ野に行ってモーセに会え」と。

アロンはモーセの兄である。

二人は共にエジプトのファラオとの交渉に赴いた。

お兄ちゃんがおったんか。

これは心強いな。

なんだかんだでモーセはずっと孤独だったからね。

妻や子はエジプト外の部族で、同胞ではなかった。

アロンは兄であると同時に、最初の同胞としての協力者なんだ。

せやけど、いきなり交渉に行ったりして大丈夫か。

モーセは殺人の罪で追われてた身とちゃうんか。

モーセを追っていたのは前のエジプト王だからね。

そのへんの引継ぎがうまくいっていないことを祈るばかりさ。

モーセとアロンがファラオに神様の言葉を伝えた。

しかしファラオは神様など知らぬと言い、イスラエルの民の解放を拒んだ。

そして態度を硬化させ、以前にも増して厳しい労苦を与えるようになった。

イスラエルの民はモーセとアロンに言った。

「神様があなた方をよく見て裁かれますように」

「あなた方のせいでファラオに忌み嫌われています」

「あなた方は私たちを殺す剣を彼らに渡したも同然です」

蛇の杖で藪をつついたら、やっぱり蛇が出てきたってところか。

当たり前やけど、そんなうまくいかんもんやな。

モーセはうまくいかなかったことを神様に訴える。

頑張って神様の声をイスラエルの民に届けようとするんだけど、誰も聞いてくれない。

そういう苦難を乗り越えることが大事なんだよ。

モーセとアロンは神様に従って、再度ファラオの元に赴くんだ。

モーセの言葉を受けて、アロンはファラオの前で、杖が蛇に変わる奇跡を見せた。

ファラオは賢者と呪術師を呼び、その秘術で同じことをして見せた。

しかしアロンの杖が賢者や呪術師たちの杖を呑み込んでしまった。

神様の奇跡無しでも杖を蛇に変えられてるやん。

それってどうなん?

正直よく分からないんだけど、最後に勝ったのはアロンの杖だから。

賢者や呪術師たちの秘術よりも、神の奇跡の方が凄いんだぞってことかな。

なるほどなあ。

そんで、負けたファラオはイスラエルの民を解放する気になったんか?

そうはならなかった。

むしろ頑なになって、モーセとアロンの言葉を聞くものかってなってしまった。

でもそれは神様の思惑通りの展開でもあったんだ。

TOP