天使と悪魔の聖書漫談

4.人はパンのみに生きるにあらず

エピソードの総文字数=834文字

「人はパンのみに生きるにあらず」なんて……。

そんなの当たり前でしょ。

パンが無ければ、ブリオッシュを食べればいいじゃない。
上の画像がブリオッシュだね。

ケーキとか菓子パンとか訳されるけれど、ぱっと見はパンと変わらない。

本家本元では「Qu'ils mangent de la brioche(彼らはブリオッシュを食べてはいかが)」

英語でなら「Let them eat cake(彼らにはケーキを食べさせなさい)」となっている。

それが日本語だと「ケーキを食べればいいじゃない」に訳されたんだ。

ケーキになったのはブリオッシュが一般的ではないからだと思う。

でも、ブリオッシュの方がパンとさほど変わらないあたり、皮肉が利いてるよね。

マリー・アントワネットが言ったとされて、そうではないと今は分かっている。

けれど今でも「マリーの言葉」として有名なのよね。

草どもは草でも食べていなさいな。
あなたの神様、主が導かれた荒野の40年間を思い起こせ。

数々の試練はあなたが主の命令を守るか否か、本心を知るためであった。

主はあなたを苦しめ、飢えさせ、マナを食べさせた。

人はパンだけで生きるのではなく、主の全ての言葉によって生きる。

それをあなたに教えるためであった。

自分を愛させるために苦しめ、わずかな恵みを与える。

非常に有効な手段ね。

人はパンだけで生きるのではなく、主の全ての言葉によって生きる。

つまり、命の育成は個人の努力では達成されない。

神の言葉と意志への忠実によるということ。

サタニャエルが何を言っているのか、さっぱりですわ。
人は一人でパンを食べて生きるわけじゃない。

パンが無くても、神の言葉に従って生きることが出来る。

ドロテー・ゼレというドイツ人の女性神学者は「神の言葉」を「関係性」と表現した。

勝手な解釈だけれど、神との関係性はコミュニティの関係性だったろう。

つまり、人と人とが協力しあって生きることの大切さを言っているのかもね。

草どもが好きそうな話ね!

ニーチェに聞かせてあげようかしら。

TOP