天使と悪魔の聖書漫談

11.偽預言者たち

エピソードの総文字数=1,319文字

イスラエル王アハブは、アラム人からラモト・ギレアドを奪い返そうと考えた。

そのためユダ王ヨシャファトに助力を願った。

ヨシャファトって誰や。

ユダの王はアサやなかったっけ。

そのアサの息子がヨシャファトだね。

彼は父に劣らず主を厚く信仰した。

イスラエルとユダは仲たがいをしていたのではなくって?
必要とあらば手を組む。

小国家が入り混じった世界では、誰もがずっと仲良しということはない。

663年の白村江の戦いなんか面白いよね。

唐・新羅連合軍と、倭・百済連合軍の戦争だよ。

この時に倭国は大敗し、百済は滅亡してしまった。

倭国は唐が海を越えて攻めてくることまで想定して体勢を整えた。

けれどそうなることはなく、むしろ唐は倭国との関係を良好なものにしていく。

何故なら、今度は新羅が力を付けてきたからさ。

遠交近攻は中華の古典的な手法や。

これに騙されると痛い目に遭うんやで。

欧州情勢ならぬ古代中東情勢は複雑怪奇。

すぐ隣の国だけでなく、北や南の超大国にも要注意だ。

アハブは400人の預言者を集め、アラム人との戦争に勝利するかを尋ねた。

彼らはみな、「主は王の手にこれを渡す」と言った。

ヨシャファトは他に預言者はいないのかと尋ね、預言者ミカヤの名が挙がった。

しかしアハブはミカヤの名を出しながら、彼を呼ぶことを渋る。

ミカヤはアハブにとって良い預言を言わないからだ。

つまり、耳障りな言葉は受け入れたくない、と。

暗君の鏡ですわね。

そういう上司にはイエスマンしかおらんくなる。

400人おった預言者は皆、イエスマンやったんやろな。

アハブは結局、ミカヤを呼ぶ。

するとミカヤは「勝利する」と言った。

なんや。

良かったやん。

というのもこれはただの皮肉でね。

それに気付いたアハブは怒った。

そしてミカヤを牢獄に押し込めたのさ。
イスラエル王アハブとユダ王ヨシャファトはラモト・ギレアドに攻め上った。

アハブは変装し、ヨシャファトは普段通りの服を着た。

アハブがそうするようヨシャファトに頼んだのだ。

なんやそれ。

ユダ王を囮にしようっちゅうことか?

せこいことすんなあ。

アラムの王はイスラエルの王だけを狙って戦うよう命令した。

ヨシャファトは追い詰められ、助けを叫び求めた。

アラムの戦車隊長たちは追うのをやめて引き返した。

追っていたのがイスラエルの王ではなかったと気付いたらしい。

まあ、せっかくだから殺しておけば良いのにと思うけどね。

ある者が何気なく弓を引くと、アハブの鎧のとじ目を射抜いた。
なんと、流れ矢!
流れ矢によって傷を負ったアハブは、出血多量で夕暮れに息絶えた。

勝利どころか王の死という最悪の結末で戦いは終わったんだ。

旱魃で疲弊した国で、周辺諸国と対等にやりあった。

そんな王様にしてはあっけない終わり方やったな。

軍を率いてベン・ハダドを打ち破った。

政治交渉でユダ王ヨシャファトを味方に引き入れた。

かと思えば、嫁さんの尻に敷かれた政治をやる。

アラム人との戦いではこそこそと隠れる。

良い面も悪い面もある。

評価が難しいけれど、まあ人間そんなもんだよねってとこかな。

これとは関係無いところでユダ王ヨシャファトも死ぬ。

イスラエル王はアハズヤに。

ユダ王はヨラムにと代替わりした。

以上で『列王記上』は終わりだよ。

TOP