天使と悪魔の聖書漫談

4.ユダの王アサ

エピソードの総文字数=1,527文字

『歴代誌』における王アサは『列王記』よりも詳細に書かれている。

彼は偶像であるアシェラ像を切り倒し、基本的には主に忠実だった。

そのことが評価され、加筆修正されたのかもしれないね。

アシェラの名が唐突に現れましたわね。

いったい誰がそれを建てたと言うのかしら。

『列王記』だとこの時点でアシェラ像を建てたのは二人だね。

一人はレハブアム。

イスラエルの南北分裂直接の原因を作った王だ。

けれど彼は『歴代誌』において、アシェラ像への関与が書かれていない。

とすると残りの一人が直接の首謀者となる。

それはレハブアムの妻マアカ。

彼女はユダ王アサの祖母にあたる。

マアカっちゅうのは何ものなんやろ。

ソロモンみたいな外国人妻とかかな。

マアカの血筋は王家に連なる。

彼女の父(祖父とも言う)はアブサロム。

父である王ダビデに反旗を翻し、返り討ちとなった人だ。

因縁じみとるな。

かつてダビデに敵対したもんの身内が、今度はアサと対立するわけや。

アサはアシェラ像を切り倒し、祖母のマアカを太后(たいこう)の座から退けた。

主に対して忠実で、おかげで戦争にも強かった。

クシュ人ゼラは100万の軍を率いてユダ王国に侵入した。

ユダ王アサは神に祈り、神は応えてクシュ人を打った。

ユダ軍はこれを追撃し、皆殺し、ゲラル周辺の町から略奪を行った。

多くの戦利品と共に彼らはエルサレムへと帰還した。

クシュ人?
エチオピア人、と言われているね。

地理的には現代のエチオピアとは異なってて、エジプトすぐ南辺り。

ただし、ここで言うゼラがいったい何ものなのか。

そこがちょっとした論争の種になっているんだ。

そう言えば、『列王記』にその名は見当たりませんわ。

『歴代誌』において加筆された箇所、ということですわね。

伝統的にはゼラはエジプト王オソルコン1世のことだと言われている。

オソルコン1世はシシャクの子。

シシャクはかつてレハブアムの時代に、ユダ王国に攻め入った王だったね。

だが他にも色々な主張がなされている。

20世紀のお騒がせ科学者イマヌエル・ヴェリコフスキーはアメンホテプ2世だと主張した。

2018年現在も活躍中の歴史家デイビット・ロールは別の意見だ。

彼はラムセス2世に従う将軍がゼラだと著書で語っている。

(『Revisiting Velikovsky』J. Eric Aitchison著を参照)

よくもまあ、こんな些細な出来事にああでもないこうでもないと。

著者のエズラがてきとうに創作した、とすれば簡単解決でしょうに。

本当に好き勝手書いたものは、そうそう残らないものさ。

陰謀論が好きな人は一人の意図で何でも出来ると考えがちだけどね。

アサ王が神に従ったから戦いにも強かった。

そういう話を盛り込みたかったんかもしれへんな。

せやかて好き勝手言えるもんでもない。

元となる話があるはずやっちゅうのは分からんでもないわ。

イスラエル王バシャがユダ王国に攻め上ってきた。

ユダ王アサは防備を固め、アラム王ベン・ハダドに金銀を贈り同盟を結んだ。

これによってアサはユダ王国を守ったが、予見者ハナニが彼を責めた。

アラム王と同盟など結ぶのではなく、神を頼るべきであった、と。

アサは予見者に立腹し、彼を投獄した。
予見者ってのは預言者とちゃうんか?
預言者は神の言葉を聞き、それを語る者だね。

予見者は洞察力に優れた者という意味だろうと言われている。

実際のところ、同盟によって敵を牽制するのはよくある話だ。

大きな被害を出さずに済む。

おそらく予見者ハナニは強硬派だったんだろう。

イスラエルと一戦交えて打ち負かすべきと考えたんじゃないかな。

組織が一枚岩になることの方が珍しいからな。

どこもかしこも、しがらみだらけやで。

みんな一所懸命に生きとる。

うちはそれを讃えたい。

TOP