天使と悪魔の聖書漫談

3.ヨルダン川を渡る

エピソードの総文字数=704文字

ヨシュアは祭司たちに命じた。

契約の櫃(ひつ)を担ぎ、民の先に立ち川を渡るよう。

祭司たちがそのようにすると、ヨルダン川の水はせき止められ、壁のように立った。

軍を進めるために、川の水を止めた?

規模は多少劣るけど、モーセの海割りみたいやな。

まさしく。

渡渉のこの場面は、紅海の海割りと同様に重要な奇跡なんだ。

神様はヨシュアに告げた。

十二人の男に命じ、十二個の石を拾わせるように。

そしてその石を、祭司たちのいる川の真ん中に立てた。

なんでそんなことしたん?
記念、と言われているけどね。

合理的な意図があったのか、祭司的な何かがあったのか……。

約4万人の軍隊がエリコの平野に着いた。

神様がヨシュアを大いなるものとした。

それゆえ、彼らはヨシュアを恐れ敬った。

4万人の軍隊か。

けっこう多いな。

ちなみにエリコの人口は2014年の時点で2万2000人とされている。
当時にあってそれほどの人口を擁していたはずもない。

仮にイスラエルの4万人に誇張があるにしても、圧倒的な戦力差だったろうね。

戦いは数やで。
イスラエルの子らはギルガルに宿営し、過越の祭りを祝った。

彼らがその土地の産物を食べた翌日からマナは絶えた。

イスラエルの子らに、もはやマナはなくなった。

彼らはカナンの地の収穫物を食べた。

ようやく虫のうんこともおさらばや。
ヨシュアは抜き身の剣を持った男に会った。

彼は、神様の軍隊の頭として現れた。

ん?

誰やこいつ。

順当に考えればミカちゃんのことじゃないかな。

神の軍勢の頭なんだから。

ほほう。

ついにうちの出番っちゅうわけやな。

特に何をするでもなく。

ヨシュアに「聖なる場所では履物を脱げ」と言うだけなんだけどね。

うちは何がしたかったんやろか。

TOP