天使と悪魔の聖書漫談

14.祭司大虐殺

エピソードの総文字数=1,174文字

ノブという地にアヒメレクという祭司が住んでいた。

彼はまだダビデとサウルの間に起こったいざこざを知らないでいる。

そこにダビデが「自分は王の命によって来た」と言って現れる。

そしてアヒメレクから食糧のパン、ゴリアテを殺した時の剣を受け取った。

食い物と武器。

身を守る上で必要やしな。

ん?

そこにおるのは誰や?

あれはきっと、サウルの手下でしてよ。

そこそこ戦えそうな男に見えますわ。

その場にはサウルの家来、ドエグがいた。

ダビデはそれに気付き、急ぎその場を離れたんだ。

しかしのちに、ダビデはそれを悔いることになる。
ダビデはノブを発ち、ペリシテ人の地ガトの王アキシュのところに行った。

捕らえられることを恐れたダビデは狂人の振りをした。

ペリシテ人て敵やないか。

そんなとこに潜り込んで大丈夫なんか?

当時のアキシュがどう思っていたかは分からない。

彼は一時的にでも、ダビデの庇護者となる。

けれどアキシュの家来たちがダビデについて騒ぎ始める。

その際にダビデは狂人の振りをして、アキシュに追い出されるんだ。

追い出してくれたんも、アキシュの優しさやったんかな。

王でも庇い切れへんこともあるやろし。

ダビデの周囲には困窮した者や不満を抱く者が集まり、400人ほどの頭(かしら)となった。


その頃サウルは家来のドエグから、アヒメレクがダビデにパンと剣を渡したと聞いた。

サウルはドエグに命じ、アヒメレクを含む祭司85人を討った。

さらにアヒメレクの町ノブを襲い、男女、乳飲み子、家畜を打ち殺させた。

疑心暗鬼に囚われてんのやろな。

アヒメレクが自分を裏切ったとでも思ったんか?

この大虐殺の中、アヒメレクの息子アビアタルは難を逃れた。

そして、ダビデに事の次第を告げた。

ダビデはアビアタルに言った。

「わたしがあなたの父の家の者たちを死なせてしまった」

「わたしと一緒にいなさい。そうすればあなたは安全だ」

アビアタルという人はこの後、ずっとダビデに祭司として仕える。
ダビデ自身はサウルに追われる身ではある。

けれど部下が増えてちょっとした傭兵団のような存在になってきた。

ではさっさとサウルを返り討ちにしなさいな!
無茶言うたらあかんで。

相手はもっと大勢おるんやから、数百人では相手にならへん。

何よりも戦闘経験が浅いんやから、プロの兵士とは戦えへんわ。

はい、お姉さま!
……。
戦闘経験はこれから積んでいく。

まずケイラという町がペリシテ人に襲われていたから、これを助けたんだ。

さらに、迫り来るサウルからは逃げ続けた。

取り囲まれて危ないところまで来るんだけど、運よくペリシテ人の侵略があった。

サウルはペリシテ人と戦うためにダビデの追跡を断念せざるを得なかった。

さすがに侵略されてるんを放置してまでダビデに構ってられへんのやな。
しかしペリシテ人の侵略が「運よく」て。

サタニャエルくんはやっぱり悪魔やなあ。

照れるにゃあ。

TOP