天使と悪魔の聖書漫談

1.カナン侵入前

エピソードの総文字数=968文字

久しぶりやな、サタニャエルくん。
おかえりミカちゃん。

どこ行ってたのさ。

うちはまだ死にとうないからな。

ちょいとエデンに隠れさしてもろたんよ。

まあ、いいけど。

話は進んで、ついにモーセが死に、後継者ヨシュアが立ったよ。

モーセの死後、神様はヨシュアに言った。

「お前の命の続くかぎり、誰もお前の前に立ちはだかる者はいない」

「強くあれ。雄雄しくあれ」

「わたしはお前とともにいる」

えらい激励されとるな。
「雄雄しくあれ」はたびたび繰り返される。

これは敵に対して雄雄しくあれ、というのではない。

律法を守ることに対して雄雄しくあれと言っているんだ。

せやけど、律法守ったから言うて、勝てるもんでもないやろ?
普通に考えればそうなんだけどね。

これは聖書さ。

神の言葉に従うことが最も優先される物語なんだよ。

ヨシュアは民の指揮官たちに、食糧の準備を命じた。

そしてモーセの言葉を告げた。

「あなたたちの神様、主は安息を与える。この土地を与えてくださった」

そして戦いの指示を与えた。

「勇士は武装し、先頭に立って川を渡り、兄弟たちを助けよ」

赤い丸印がシティム。

ヨシュアたちはそこにいる。

南に死海があるなあ。

てことは、シティムの西に流れてんのがヨルダン川か。

ヨルダン川東の部族、ルベン族、ガド族、マナセ族の半数。

彼らは先鋒を務めることを誓い、ヨシュアに従った。

彼ら部族は家畜が多いため、ヨルダン川東の土地を求めたんだ。

その代わりに、先鋒として戦うことを求められた。

まあ、先陣切るのは怖いしな。

そん代わり、一番槍は褒賞が多い。

そういうのはいつの時代、どこの場所でも変わらんのやろ。

ところでこのガド族にはちょっと面白いネタ話がある。

日本の天皇を「ミカド」と言うけれど、それは「御ガド」で、ガド族にルーツがあると言うんだ。

はあ?

なんやそれ。

いわゆる「日ユ同祖論」というやつでね。

戦前にもてはやされたやつさ。

ちなみにそれを主張したのは小谷部全一郎(おやべぜんいちろう)。

「ジンギスカンは源義経なり」で有名な人さ。

英雄、源義経が生きとってほしいって気持ちは分かるけどな。
その源義経はアイヌ神話のオキクルミだという話もある。

また、壇ノ浦に沈んだ安徳天皇はヤマタノオロチの化身とも言われる。

神話の世界ってのは、現代人が思う以上に息が長いのさ。
そらそうや。

なんせ、うちがここにおるんやからな。

TOP