天使と悪魔の聖書漫談

3.エルサレム

エピソードの総文字数=1,008文字

エルサレム。

21世紀においても何かと話題の地だね。

王となったダビデは先住民のエブス人を追い払ってエルサレムに都市を造った。

以降、ここはイスラエル王国の中心となるんだ。

そして後にユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地となるのさ。

ちゅうかめっちゃ近いやん。

特にユダヤとイスラムはお隣さんやんけ。

ユダヤ教の聖地「嘆きの壁」

ここはヘロデ大王時代にあったエルサレム第二神殿の残骸だね。

キリスト教の聖地「聖墳墓教会」

イエス・キリストが処刑され、埋葬され、復活したとされる場所に建てた教会だよ。

正教会では「復活教会」とも呼ばれるんだ。

イスラム教の聖地「岩のドーム」

メッカの「カアバ神殿」が第一、サウジアラビアの「預言者のモスク」が第二。

ムハンマドが昇天したとされる「聖なる岩」は第三の聖地なのさ。

場所なんていくらでもあるでしょうに、よくもまあせせこましく。
長いこと重要な都市で人も集まってたんやろな。

人が集まればそら色々やで。

エルサレムに宮殿を建て、ダビデは大勢の子供を得た。

その中にはビヨンデッタの嫌いなソロモンもいる。

別に嫌ってはおりませんことよ。

ただ、顔を見たくないだけ。

ダビデはイスラエルの王となり、ペリシテ人と戦ってこれを打ち破った。

また、神の櫃(ひつ)をエルサレムに運び入れた。

その時ダビデは喜び、神の櫃の前でくるくると踊った。

裸のおっさんがめっちゃ楽しそうにしとるやん。
1985年の映画、『KING DAVID』の一場面だね。

この裸のおっさんはリチャード・ギア演じるダビデ。

それを冷たく見つめているのがシェリー・ルンギ演じるミカルだよ。


ちなみにこの映画、さほど評判にならなかった。

ニューヨークタイムズでは「良くはない映画(not a good film)」と書かれてしまう。

アカデミー賞の前に「最低」の映画を選ぶゴールデンラズベリー賞。

リチャード・ギアは最低主演男優賞にノミネートされてしまった。

賞は惜しくもシルヴェスター・スタローンに持っていかれたけどね。

そういうのも「惜しい」言うんか?
悪魔ですもの。

どいつもこいつも、ひねくれものばかり。

踊って、お祈りをして、民を祝福する。

そんなダビデを見て、妻のミカルは「何と威厳があったことでしょう」と言う。

裸で踊るダビデを恥じて皮肉で言ったんだ。

対するダビデはいかに下賎に見えようとも構わないと返した。

先王や妻に見下されたとしても、民衆の支持を得ることが大事だと言ってね。

TOP