天使と悪魔の聖書漫談

8.モーセ以降最大の預言者エリヤ

エピソードの総文字数=1,162文字

アメリカのロマン主義の画家、ワシントン・オールストン作。

この絵は預言者エリヤがカラスからパンと肉を受け取っているところだよ。

確かによう見たらカラスが何かくわえとんな。

ぱっと見、死にかけのおっさんに群がるカラスかと思ったわ。

何も知らずに見ればそう思うのも無理ないね。

荒れ果てた大地に、はいつくばる男とくれば、死を連想するだろうさ。

この男、エリヤはどうしてはいつくばっているのかしら。

別に死に掛けているわけではないのでしょう?

はいつくばっているのは、カラスが神の使いだからだよ。

エリヤは神の指示に従って、ヨルダン川東のケリト川まで来た。

神がカラスに命じてエリヤを養っているんだ。

エリヤはここに来る前にアハブに会って旱魃を予言した。

そしてすぐに逃げて来たってわけ。

言われたアハブからしたら、かなわんわな。

なんか偉そうな奴が不吉なこと言って姿をくらますとか。

ピンポンダッシュのようですわ。
2016年にアメリカでピンポンダッシュした男の子が撃たれた事件もあったな。

男の子は重症やったけど、撃った男は正当防衛で逮捕されへんかった。

さすがアメリカって感じだね。
旱魃によりケリト川は涸れてしまった。

主はエリヤにアハブ王支配外の地サレプタに行くよう指示した。

そこでエリヤは一人の未亡人に出会った。

エリヤは彼女にパンを求めた。

けれど彼女は一握りの粉と少量の油しか持たず、こう言ったんだ。

帰って私と息子のためにそれを調理し食べます。

後は死ぬだけです。

「後は死ぬだけ」か。

色んな感情が入り混じって行き着いた果てやろな。

対するエリヤは主の言葉を伝える。

雨が降るその日まで、粉も油も尽きないと。

預言の通り、エリヤと未亡人、その子らは食いつなぐことが出来た。
良かったやん。
しかし未亡人の子供は病で死んでしまった。
栄養失調ですわね。

幼い子供が粉と油で長く生きられるはずもないでしょう。

そこでエリヤが神に願って奇跡を起こす。

なんと子供を生き返らせたんだ。

ルイ・エルサン。

19世紀に活躍し、レジオンドヌール勲章まで受章した新古典派の画家だよ。

この絵はまさに生き返った子供を母親に差し出す場面だ。

……。

なんか似てるな。

そうだろうとも。

かの救世主はまさにエリヤの再来ではないかと言われるのさ。

新約聖書 - リビングバイブル - 『マタイの福音書』より


ピリポ・カイザリヤに行った時、イエスは弟子たちに、「みんなは、わたしのことをだれだと言っていますか」とお尋ねになりました。

弟子たちは答えました。「バプテスマのヨハネだと言う人もいますし、エリヤだと言う人もいます。また、エレミヤだとか、ほかの預言者の一人だとか言う人もいます。」

「では、あなたがたは、どうなのですか。」

シモン・ペテロが答えました。「あなたこそキリスト(ギリシャ語で、救い主)です。生ける神の子です。」

TOP