天使と悪魔の聖書漫談

1.ソロモンの即位

エピソードの総文字数=1,187文字

「シュナミティズム」と言ってね。

処女と添い寝をすることで若さを回復しようとする迷信さ。

蝸牛くもの小説『ゴブリンスレイヤー』でも似たようなのがあるね。

処女同衾による蘇生(リザレクション)の魔法。

気持ちは分からんでもないなあ。

若い子と一緒におったら若返ったみたいな気分になるやつやろ?

ミカちゃん、年いくつ……?
古い迷信だけれど、その息はけっこう長い。

18世紀オランダの医者、ヘルマン・ブルーハーフェは患者にシュナミティズムを処方したらしい。

それで。

この老人と女の絵は何ですの?

老人はダビデ。

もう一人はアビシャグと言って、ダビデの身体を温めるためにあてがわれた美少女だよ。

絵を描いたのはペドロ・アメリコだね。

ブラジルのアカデミック絵画の画家さ。

ダビデは老いて、そろそろ後継者を決めないといけない。

預言者ナタンがソロモンを指名したけれど、ダビデの正式な決定はまだなんだ。

跡継ぎ問題は古今東西悩みの種やで。

はよ決めへんと、また何か問題起きるんとちゃうか?

まさしく。
ダビデの四男アドニヤは自分こそが王になるべきと考えた。

ヨアブと祭司アビアタルはアドニヤを支持した。

それを知ったソロモンの母バト・シェバはダビデに願い出た。

ソロモンこそが次の王であることを告示するように。

ついに、あの憎たらしいソロモンのお出ましというわけ。
他の草ども同様に右往左往する様を見届けさせていただくわ。
ちゅうか、ヨアブがアドニヤ側におるやん。
結局、ダビデはソロモンを正式に跡継ぎに指名する。

結果的にダビデとヨアブは対立することになった。

そしてダビデはソロモンに遺言を残す。

「あの白髪頭(ヨアブ)を安らかに陰府(よみ)に下らせてはならない」

散々自分の汚れ役に徹してくれたヨアブを「白髪頭」呼ばわりか。

ヨアブも報われへんな。

僕らは悪魔だからヨアブに同情的だけどね。

一般的な教会だと、ヨアブを悪者扱いしているよ。

ヨアブは傲慢で執念深く、悪辣な人物だってね。

うちは天使やで。
存じておりますわ、お姉さま。
ダビデはエルサレムに葬られた。

彼は40年に渡り、イスラエルを治めた。

アドニヤはソロモンの母バト・シェバに、アビシャグを妻にしたいと願った。

母親からの頼みをソロモンは断れないだろうとの考えであった。

バト・シェバはソロモンにそうするよう言ったが、ソロモンは拒否した。

ソロモンは刺客のベネヤを送り、アドニヤを討った。

嫁さん欲しい言うただけやん。

ソロモンもアビシャグが好きやったんかな。

ソロモンはアビシャグを求めることは王位への願望ではないかと疑ったらしい。

それで殺すことにしたんだよ。

ソロモン自身がアビシャグをどう思っていたかは分からない。

ただ、聖書の『雅歌(がか)』における「ソロモンの歌」

そこに登場する女性の主人公がアビシャグではないかと言う学者がいる。

とすれば、やはりソロモンもアビシャグを愛していたのかもしれないね。

TOP