天使と悪魔の聖書漫談

1.モーセ誕生

エピソードの総文字数=916文字

ヨセフを知らない新しい王がファラオとなった。

そしてイスラエルの民を圧迫し始めた。

イスラエルの民が増え、エジプトにおいて強大となったためである。

建築や農耕のあらゆるきびしい労働を課し、イスラエルの民の生活を苦しめた。

あらまっ(Oh My God)

案の定やなあ。

案の定ではあるけれど、理不尽だよね。

とは言えひとつところに別の民族が集まると、どうしたって軋轢は生まれる。

「エジプト人はイスラエルの子らに対して恐怖を抱き」

と聖書にあるように、どんどん増えるイスラエル人は脅威だったんだ。

数が少なければ仲良くできるけれど、国政を脅かすほどになれば無視できないよね。

てか、飢饉も収まったんなら、カナンの地に帰れば良かったんちゃう?
それがそうもいかなかったんだろうね。

実はこの時点ですでにカナンには別の部族が大勢暮らしていたんだ。

そこに無理して帰るよりも文明の進んだエジプトで豊かな生活を送ることを選んだというわけ。

ファラオは助産婦たちに告げた。

「ヘブライ人の赤子が男ならば殺し、女ならば生かせ」

しかし助産婦たちはそれを拒んだ。

次いでファラオは全ての民に告げた。

「ヘブライ人の男の子はナイル川に投げ込み、女の子は生かせ」

子どもの命を間引こうとするやなんて。

許されへんな。

命がとても軽い時代のことではある。

男の子を殺すということは、労働力としても受け入れられなくなったってことかな。

民族として滅ぼすくらいの意気込みだね。

レビの部族内で一人の男の子が生まれた。

三ヶ月ほど隠していたが、隠し切れないとなって頑丈な籠を作り、

そこに入れてナイル河畔の茂みに置いた。

その時、ファラオの娘が水浴びのために来て、籠を見つけた。

娘は男の子をヘブライ人の乳母に育てさせ、大きくなってから自分の養子とした。

そして彼をモーセと名づけた。

ヘブライ人の男の子は殺す、ってファラオが言うても生き延びたんや。

そんだけでもえらい強運やで。

ちなみにここで登場する籠は、ヘブライ語で「テーバー」と言うんだけれど。

実は洪水からノアを助けた箱舟も「テーバー」なんだよ。

規模は全然ちゃうけど、どっちも重要人物の危機を救ってくれたもんやからな。

ひょっとしたら同じくらいの価値を見てるんやろか。

TOP