天使と悪魔の聖書漫談

6.サウルとサムエルの軋轢

エピソードの総文字数=976文字

サムエルはイスラエルの民に向かい、サウルが王となったことを宣言した。

彼は士師としての権威を王としてのサウルに譲り渡した。

そして主を称え、主に背けば王共々に滅ぼされるであろうと述べた。

王制にしたとしても神様の権威は揺るがへん。

サムエルはヴァチカンの法皇みたいな立場になったんやな。

そしてサウルが王になった後も影響力を持ち続ける。

なんてったって『サムエル記』だからね。

イスラエルは蜂起し、ペリシテ人と戦った。

サウルの息子ヨナタンは敵の守備隊を打ち破り活躍した。

しかしペリシテ人の反撃により、イスラエルの人々は窮地に陥った。

一進一退。

これぞ戦いの醍醐味やで。

当人たちはたまったもんじゃないと思うけどね。
イスラエルの兵たちは怯え隠れて過ごす。

ペリシテ人に殺されるかもしれない恐怖に耐えかねて逃げる者もいた。

生きる者は常に死と隣り合わせ。

けれど普段はそれを忘れている。

己の死を直視できたなら幸いね。

現存在、かくあれかし。

兵が離散してしまえば完全に負けだ。

そうなる前にサウルは神に生贄を捧げて必勝祈願を行いたい。

けれどサウルはサムエルと事前に約束をしていたんだ。

生贄を捧げる際には、七日間サムエルが来るのを待つことを。

なるほど。

そんで、サムエルは七日目に来たんか?

いや、来なかった。

そうしている内にも兵の数は減っていった。

サウルは七日間待った。

けれどサムエルは来ない。

だから仕方なく、サムエルが来る前に儀式を執り行ったんだ。

しゃあない。

戦争中で、なかなか辿り着けんこともあるやろしな。

しかしこれがサムエルの怒りを買ってしまう。

儀式が終わったところにサムエルが来たので、サウルは彼を出迎えた。

サムエルはサウルを非難し、その治世が長続きしないと告げたんだ。

七日間という約束を守れなかったのはサムエルでしょう?

随分と勝手なことを言うのね。

サムエルはサウルに言った。

「あなたの王位は続かないでしょう」

「主はみ心にかなう人を探しあて、民の君主に定めました」

サムエルは立ち去った。

なんちゅうか、人が一所懸命働いてるところに文句だけつけに来とんな。

なんか身近にそんなんおった気ぃするんやけど、誰やったかな。

それを言えば角が立ちましてよ。

わたくしとしては、大いに同意するところですけれど。

現実主義的なサウルと理想主義的なサムエル。

こうした対比は世界中、古今東西に見られる関係性さ。

TOP